スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人がホテルで窃盗被害、偽の観光ガイドに騙される


フィリピンを訪れたばかりの日本人が、

ホテルの部屋から現金などを盗まれる事件がありました。

被害者は26歳の日本人男性で、

マニラ市マラテ地区マビニ通りにある、

アリラン・ホテルの部屋から、
http://overseas.blogmura.com/manila/

現金55000ペソとiPhone6を盗まれました。

警察の調べによると男性は、

到着したマニラ国際空港のターミナル2で、

観光ガイドを名乗る「JR」という男と友達となり、

ホテルの手配を頼んだんだそうです。

そしてホテルにチェックインを済ませると、

観光ガイドの男は部屋の鍵を預かると話し、

男性に「電話をするので待っていて欲しい」と告げ、

どこかに行ってしまったそうです。

男性は午後3時から10時まで待ちましたが、

男は姿を見せず、

別の部屋で休むことにしました。

Japanese tourist loses P55K to ‘tour guide’

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

そして午前9時になっても戻ってこないため、

ホテル側が合鍵でドアを開けたところ、

部屋に置いてあった男性の荷物から、

現金とiPhone6が無くなっていました。

男とはその後も連絡が取れず姿も見せなかったことから、

男性はマニラ地区警察に被害を届けました。

【ジャーナル、アバンテ】

部屋の鍵を赤の他人に預けるというのが信じられないですが、

何時間も待っていたところを見ると、

まったく相手を疑っていなかったようですね。

最初に親切にして被害者を騙すというのは、

リサール公園などで横行している睡眠薬強盗と同じ手口ですが、

空港でターゲットを捕まえるのは、

新しいパターンかもしれません。

現場となったアリランホテルですが、

地図を見るとチューンホテルの近くにある韓国系の安宿のようです。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

マッドマックス状態、警官が暴走族の少年に発砲、首に当って重体


マニラ市で10代の少年が警官に撃たれて、

重体となる事件がありました。

金曜日の午前2時ごろ、

リサール公園にあるキリノグランドスタンドで、

バイクで違法のドラッグレースをしていた17歳の少年が、

警官に首を撃たれて病院に運ばれました。

一緒に居た少年の兄によると、

警官がレースを解散するように命じましたが、

少年はそれを無視したたため、

警官が蹴りを入れたそうです。

さらに少年は警官の制止を聞かず、

バイクで走り去ろうとしたところ警官が発砲し、

銃弾が少年の首に当たりバイクから落ちました。

警官は止まらなければ撃つと警告していたそうです。

負傷した少年の兄が警官に助けを求めると、

警官は少年を病院に運びましたが、

病院にスタッフに何も伝えずにそのまま姿を消しました。

警察によると当時、エルミタ警察署とツーリストポリスによる、

オペレーションが行われており、

発砲した警官の割り出しを行っています。

少年の兄によると警官は、

制服の上にジャケットを着ており、

名札などは確認できなかったそうです。

当時、現場には約100台のバイクが集結し、

5千ペソから1万5千ペソの賞金を競うレースが行われていました。

【フィルスター、テンポ、インクワイヤラー】

丸腰の相手を銃で撃つ必要はないと思いますが、

フィリピンで警官を無視したり侮辱すると、

どうなるかがよく分かる事件です。

強盗にしろ警官にしろ銃を持った相手には、

とにかく逆らわないようにするのが、

この国で無駄死しないための掟です。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

父と息子がタクシー内で刺される、強盗がドア開けて襲う


マニラ首都圏でタクシーの乗客が、

強盗に襲われる事件がありました。

木曜日深夜にマニラ市内で、

37歳の父親と13歳の息子が乗ったタクシーが、

渋滞にはまっていたところ、

正体不明の男がいきなり助手席のドアを開け、

息子が持っていた携帯電話を掴みました。

そして2人の取っ組み合いのp最中に

携帯電話が車の床に落ちると、

男は激怒して息子の手を刃物で刺しました。

父親も息子を庇った際に刺されて負傷しました。

タクシーは渋滞が解消した隙を突いて、

男から逃げることに成功し、

運転手はそのまま2人を乗せて病院に向かいました。

被害者の証言によると、

容疑者は20歳から25歳くらいの男だったそうです。

【インクワイヤラー】

タクシーに乗った時はドアのロックを忘れずに。

フィリピンでは集中ドアロックのない車種も多いので、

自己責任で必ずロックを確認するようにしたいところです。

↓情報が参考になりましたら応援クリックお願いします
<a href=

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。