スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


刑務所内に豪華な秘密部屋!ジャグジーに薬物、ダ◯チワイフまで…まるで別荘


月曜日に国家捜査局(NBI)が、

ニュー・ビリビッド刑務所の抜き打ち検査を行い、

薬物王と呼ばれる受刑者が、

刑務所内にある隠し部屋で取引を続行し、

裕福な生活を送っている実態が明らかとなりました。

抜き打ち検査では、

刑務所内に隠された豪華な部屋が発見され、

そこにはジャグジーや48インチの大型テレビ、

プレイステーション4などを備えた娯楽室があり、

大量の薬物や現金、

ダ◯チワイフ人形まで押収されました。

隠し部屋はエアコンはもちろんのこと、

ブロードバンドまで完備しており、

検査に立ち会った司法長官を驚かせる結果となりました。

この結果を受けてデリマ司法長官は、

20人の受刑者を別の施設に移動させる方針を示しています。

これらの受刑者の多くは中国人だということです。

Bilibid raid yields drugs, Rolexes, Playstation

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【abs-cbn、インクワイヤラー】

モンテンルパにあるニュー・ビリビッド刑務所は、

重要犯罪人を収監する、

国内で最も警備が厳しいという触れ込みの刑務所です。

当然、刑務所職員の協力なしに、

こんな部屋を増築することは不可能ですから、

すべて金で買収しているのでしょうね。

以前もこの刑務所では、

収監者が病院に行くという口実で外出が許可され、

美女と密会していたことが明らかとなり、

刑務所関係者が処分される事件があったばかりです。

裕福な収監者が貧乏な刑務官を買収するという構図は、

これからも続きそうです。

まるで刑務所内はフィリピン社会の縮図ですね。

腐敗刑務所、夜は美女とお泊り、収監者にVIP待遇疑惑

監視カメラに美女の姿…刑務所長と看守12人解任、収監者のVIP待遇問題

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コイン式PCを壊した子供に激怒、銃を乱射した男を逮捕


マニラ首都圏パサイ市で銃を発砲した男が逮捕されました。

逮捕された男は、

自分が所有するコイン投入式のパソコンを、

子供たちが壊したことに腹を立てて銃を乱射。

幸運にも子供たちに銃弾は命中しませんでしたが、

騒ぎを聞きつけて子供を助けるために、

現場にやってきた母親の左目に銃弾が命中し、

病院に運ばれましたが危険な状態だそうです。

共犯者としてもうひとりの男も逮捕され、

犯行に使用した拳銃と複数の銃弾が押収されました。

2人は殺人未遂のほか児童虐待、

銃の違法所持などの罪に問われる見通し。



【TV5】

コイン投入式のパソコンは「PISO NET」と呼ばれ、

コンビニや雑貨屋などの店頭に置かれ、

よく子供たちがゲームやフェイスブックに熱中しています。

Get a Cyberya package for only P7,300

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

大手通信業者がネット接続とセットで提供しており、

少ない投資でできる副業として人気があるようです。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

プリペイドSIMの登録法案を検討、購入に身分証明書を提示


下院議会の情報通信技術委員会は、

携帯電話のプリペイドSIMカードの登録法案について、

本会議で話し合うことを承認した。

この法案はSIMカードの購入者に、

写真付きの身分証明書(ID)の提示を求めるもので、

販売業者にSIMカードを誰に売ったのかを記録する義務が生じる。

身分証明書が提示できない人物には、

SIMカードの販売は許可されない。

購入者には登録フォームへの署名が求められる。

この法案に違反した業者は、

5千ペソから5万ペソの罰金と業務停止措置が取られる見通し。

これは誘拐事件などで、

プリペイドSIMが悪用されるのを防止する目的がある。

House panel OKs SIM card registration bill

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【abs-cbn】

フィリピンでは各通業者のプリペイドSIMが、

とても簡単に購入できる状況にあります。

近所のサリサリ(雑貨屋)でも購入することができ、

まさに使い捨ていといった感じで、

簡単に電話番号を変えることができます。

何かの都合で電話番号を変えたくなっときとても便利です。

デュアルSIMの携帯がとても人気があり、

通信業者の違うSIMを刺して、

相手によって違う通信業者2つの電話番号を、

使い分けることが普通に行われています。

現状では身分証明書の提示は必要ないので、

まさに売りっぱなしで電場番号の管理は野放し状態です。

プリペイドSIM携帯が誘拐事件や、

テロ事件で爆弾の起爆装置に使われると、

犯人の割り出しが困難になる現状があり、

この法案はそのために以前から検討されていました。

とはいえ偽造の身分証明書が横行している現状では、

あまり犯罪対策には貢献しないような気もします。

↓情報が参考になりましたら応援クリックお願いします
<a href=

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。