スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銀行出たら5分で強盗…現金引き出し直後の襲撃が多発中!


マニラ首都圏で銀行利用者を狙う強盗事件が相次いでいます。

木曜日の午後4時30分ごろ、

バレンズエラ市内にあるチャイナバンクから、

現金を引き出した会社従業員たちが、

数分後に強盗に襲われ、

運転手が死亡し従業員2人も負傷しました。

警察の調べによると、

従業員が銀行から給料用の50万ペソを引き出して、

車で会社の戻る途中に、

タクシーに乗った3人の強盗が現れ、

現金が入ったバッグを奪おうとしたそうです。

このとき強盗の1人が発砲し、

運転手と従業員に銃弾が命中しましたが、

運転手は走行を続け車はコンクリートバリアーに衝突。

強盗たちはなにも奪わずに逃走しました。

警察は強盗が現金の引き出しを知っていたことから、

銀行関係者が犯行に関与しているとの見方を示しています。

さらに水曜日にはマニラ市内で、

銀行で小切手を現金に替えたばかりの男性が、

強盗に襲われる事件がありました。

午後2時20分ごろ、

34歳のブローカーの男性が、

ビノンド地区にあるユニオンバンクから90万ペソを持って、

約60メートル先にある事務所にバイクで戻る途中に、

銃を持った男が現れ停車させられました。

そして男性がバイクを渡すことを拒否すると、

強盗は男性の左の太腿を拳銃で撃ち、

収納スペースに現金が入っているバイクを奪ってそのまま逃走しました。

男性は事件を目撃した通行人によって病院に運ばれました。

目撃者によると強盗はバイクを奪ったあと、

仲間と見られる別のバイクに乗った男と合流して、

サンタクルズ方面に向かったそうです。

容疑者は2人とも黒いヘルメットを被っていました。

【フィルスター、インクワイヤラー】

どちらの事件も内部事情を知っている誰かが、

情報を流している可能性が高そうです。

観光客の場合でも、

現地で大きな金額を引き出したり両替するときは、

予定を誰かに言ったりすると危険です。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

「メリークリスマス」、刑務所に空からプレゼント、速攻で没収


セブ市の刑務所で思いがけない、

クリスマスプレゼントが発見されました。

木曜日の夜に見回り中の刑務官が、

刑務所の敷地内に複数のペットボトルなどが入った、

ビニール袋が投げ入れられているのを発見しました。

ペットボトルには酒が入れられており、

他に違法薬物や鎮痛剤、

箱入りの頭髪用の染料なども含まれていました。

刑務官によると、

地面に何かが落ちる音がしたので調べてみると、

中庭に異物が落ちていたそうです。

さらにビニール袋には、

「メリークリスマス」

「私からのプレゼントです」

と書かれたダンボールの切れ端が入っていました。

刑務所関係者は何者かが、

長い棒などを使って刑務所内に投げ入れたと考えています。

同じような犯行を防止するため、

監視カメラを追加するほか、

刑務所外にも監視所を設置する方針です。

Gift of drugs, hair dye tossed inside prison

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【サンスター】

刑務所内でもクリスマスムードが本格化しているようです。

↓情報が参考になったら応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

老外国人カップルが睡眠薬強盗の被害、そのまま病院行き


マニラ市内で外国人のカップルが、

睡眠薬強盗に遭い現金などを奪われる事件がありました。

被害に遭ったのは66歳のデンマーク人男性と、

63歳のスウェーデン人女性で、

12月4日にパサイ市のCCPコンプレックス近くにある、

アセアン・ガーデンにいたところ、
http://overseas.blogmura.com/philippine/

3人組のフィリピン人の女と出会いました。

そして翌日に3人と一緒に、

マニラ市ビノンドにあるチャイナタウンのレストランに行き、

食事をしたところ2人は激しい目眩を感じ、

そのまま病院に運ばれ12月7日まで入院しました。

病院でカップルは所持していた現金6千ペソのほか、

1600ユーロ、1千米ドル、500香港ドルなど、

合計約20万ペソ相当が無くなっているのに気付き、

マニラ地区警察に被害を届けました。

被害者の2人はエルミタ地区マビニ通りにある、

シティ・ガーデンスウィートに滞在していました。

被害者の証言によると、

3人の容疑者は2人が20歳から25歳くらいで、

もうひとりは40歳くらいだったそうです。

【ジャーナル】

年配者にも情け容赦ないですね。

睡眠薬強盗というと、

マニラ市のリサール公園が有名ですが、

CCPコンプレックス付近も縄張りのようです。

とにかく親切を装って近づいてくる現地人とは、

一緒に食事に行ったりしないことです。

↓情報が参考になりましたら応援クリックお願いします
<a href=

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。