スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エルミタ、マラテのビジネス組織が治安改善に乗り出す


「何か事件があったとき警察に連絡を取るのがとても難しい」

「映画みたいに警察が到着するのはすべてが終わったあと…」

マニラ市のエルミタ地区やマラテ地区で営業する、

ホテルやレストラン、飲食店などが加入するグループは、

この下町における治安対策の新しいステップを踏み出した。

彼らは店舗のオーナーや観光客が犯罪被害を受けたときに、

迅速に警察と連絡を取り合うため、

無線機を導入することに決めた。

「エルミタ・マニラ・ビジネス組合」の会長は、

過去の経験から独自の連絡手段の必要性を痛感したと説明する。

「今年の初めに組合メンバーのホテルにいきなり警察が来て、

犯罪に関与している疑いのある宿泊客を引き渡せと要求された」

「本当の捜査なのか確認するため警察署(ステーション5)に、

連絡するようアドバイスしたけどホットラインは繋がらなかった…」

また米国人がパドレファウラ通りで殺害された事件が起きたときも、

組合メンバーが警察に連絡しようとしたが、

ホットラインはまた繋がらなかったという。

マニラ地区警察の記録によると、

エルミタとマラテ地区では7月の3週間の間に、

タイ人が10万ペソ相当の現金などが入ったバッグを盗まれ、

ネパール人もスリによって約3万ペソが入った財布を失った。

また日本人とノルウェー人も財布を盗まれている。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

2012年に設立された組合には、

128件のホテルやコンドミニアム、銀行や飲食店などが加入しており、

10月からすべてのメンバーが無線機を備えることになる。

会長によるとステーション5への連絡はいつも困難を極め、

一般電話も携帯も繋がらないことが多かったという。

この問題を警察に相談したところ、

無線機の使用を提案され機材を寄付することにした。

「無線機が警察へのホットラインとして機能します」

「もし我々の顧客が犯罪被害に遭えばすぐに警察に通報できます」

「また顧客が支払いをぜずに逃げたときにも役立つでしょう」

会長は犯罪の増加により観光客がエルミタとマラテを避けていると分析。

「警察官の存在感が薄く犯罪への反応も鈍い」と問題点を指摘している。

組合のミーティングによると過去5年間、

顧客の数は減り続けているという。

会長はこの傾向を食い止めるため警察への支援を続けており、

2年前にもコンピュータとインターネットを提供している。

先週は地域再生の一環として、

メンバーによる地域の清掃活動が行われた。

「他者からの助けを期待する前に、まず自分たちが地域に出来ることをするべきです」

会長はそう指摘しました。

【インクワイヤラー】

機材の問題ではなく、

警官のやる気がないだけのような気もしますが、

果たして無線機の導入によって、

エルミタ、マラテの治安は改善されるのでしょうか。

マカティ市では市長の要請で、

具体的に警官を増員する計画が進んでいるようです。

一方のマニラ市は民間グループに、

無線機の寄付を求めるのが精一杯のようです。

以下、最近のマラテ、エルミタ地区で起きた事件。

これがマニラの実態、日本人含む外国人の窃盗被害相次ぐ

マニラ日本人強盗事件、現場はマビニ、交番の目と鼻の先

マラテのKTV前で銃撃事件、従業員が射殺される

マラテでまた連れ去り事件、警官が追跡し韓国人を救出

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

また高架鉄道(MRT)が故障で運行停止


マニラ首都圏を走る高架鉄道のMRTが、

土曜日に再び故障を起こし、

全面的に運行を停止する事態に陥りました。

故障は土曜日の正午ごろに発生し、

コミュニケーション・システムの不具合により、

運行ができなくなったそうです。

結局、土曜日は運行を再開できず、

翌日の日曜日の早朝にようやく運行を再開しました。

MRTをめぐっては13日に脱線事故を起こして36人の負傷者を出したほか、

その後も故障による立ち往生が2回も続いており、

当局は最高速度40キロに制限するなどして、

危険の回避を行いながら運行を続けています。

しかし速度制限によって駅の混雑は悪化しており、

乗客からは不満の声が高まっています。

MRT終わった…タフト駅で列車が終点に突っ込む、負傷者多数

もうダメ…MRTが故障連発、事故後2回も立ち往生

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
<a href=

関連記事

セ◯クストーションの女王を逮捕、1千人以上の外国人を恐喝


国家警察はこのほど、

マニラ首都圏近郊のブラカン州で、

ネットを使って外国人を恐喝し、

多額の送金を強要していた犯罪グループを逮捕しました。

逮捕されたのはリーダー格の女を始めとする8人の容疑者で、

犯行に利用されていた5人の未成年者も救出されました。

容疑者たちのフェイスブックなどで魅力的な女性を演じて、

ターゲットとなる外国人と知り合いとなると、

スカイプなどのビデオチャットに誘い込んでサイバーセ◯クスを行い、

相手のみだらな様子をビデオに録画。

そしてそのビデオをネットに流出させると相手を脅迫し、

高額な口止め料を請求するという、

いわゆる「セクストーション」と呼ばれる手口を繰り返していた疑い。

今回、摘発されたグループは、

香港人とシンガポール人、マレーシア人をターゲットにしており、

その被害者は1000人以上に達していたとみられています。

容疑者は被害者1人あたり、

3千ペソから13万5千ペソを要求し、

ウェスタンユニオンなどの送金サービスを使ってフィリピンにお金を送らせていました。

救出された未成年者たちは、

外国人とチャットをする仕事を与えられており、

ひとりの少女は最初の3日間で、

約7万(約16万5千円)ペソの報酬が与えられていたそうです。

現地ニュース映像:ブラカンでセクストーションの女王を逮捕

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【サンスター、ジャーナル、ABS-CBN】

セクストーション犯罪をめぐっては、

恐喝された17歳のアイルランド人少年が自殺する事件が起きており、

警察当局が取締りを強化しています。

末端で働く未成年者が3日間で7万ペソも稼ぐのは驚きです。

1千人以上の被害者がいるようので、

莫大な利益を上げていたことは間違いないようです。

もはやフィリピンの一大産業と化している感じですね。

ネットカフェを経営していれば誰でも簡単に出来そうです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。