スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野外活動の悲劇、学生7人が溺死、川が増水


現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏近郊のブラカン州で、

学生7人が死亡する水難事故があったそうです。

事故があったのはサンミゲル町を流れるマドルム川で、

火曜日に野外活動で現地を訪れていた、

ブラカン州立大学の学生たちが、

川を渡っていたところ急に水かさが増し始め、

中洲に取り残された学生が流され、

木曜日までに行方不明になっていた7人が遺体で発見されました。

学生たちはマナルモン山にある洞窟に向かう途中でしたが、

悪天候のためガイドが引き返すことを決断し、

ツアーバスに戻る途中だったそうです。

川の上流で大雨が降ったため、

鉄砲水が発生したと考えられています。

犠牲者の中にはお昼の人気番組で活躍していた、

ダンスグループ「EB Babes」の元メンバーで、

同大学で観光学を学んでいた、

マイコ・ベルモンテさん(26)も含まれていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

大学側は被害者に哀悼の意を表明する一方、

予定されているすべての野外活動を停止する方針を示しています。

犠牲者の両親からは、

学校当局の責任を追求する声も高まっており、

高等教育委員会が事故原因を調査しています。

ビデオ:Mga estudyanteng nalunod, nakunan pa ng litrato bago ang trahedya

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【ANC】

180人の生徒に対し3人の教師と、

10人のガイドが付き添っていたそうです。

写真のような状況に陥った時点で、

ガイドが何人いてもどうしようもないですから、

雨が多いこの時期に山に向かう野外活動を計画したこと自体が、

危機管理不足だった可能性もありそうです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

あのイセタンで摘発、少女15人を保護、性的サ-ビス提供の疑い


あのキワドイ名前で有名なショッピングモールで摘発があったようです。

現地からの報道によると、

木曜日にマニラ市キアポにあるイセタン・モールで、

国家捜査局(NBI)が摘発を行い、

7人の未成年者を含む15人の少女を保護し、

6人の斡旋者を逮捕しました。

NBIが行った調査によると、

モールの4階が少女を選ぶショールームとなっており、

斡旋者が5階で顧客と取引を行い、

その後、付近のモーテルなどに連れだしていたそうです。

顧客はサービスに1500ペソから2000ペソを支払っていました。

NBI当局者は、すべての取引がモール内で行われていたと指摘し、

モール側が違法行為を容認していた可能性もあるとみて、

関係者に事情を聞く方針を示しています。

ビデオ:NBI busts prostitution ring in raid on Quiapo mall

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ビデオ:15 babaeng binugaw sa mall sa Maynila nailigtas

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【gma、abs-cbn】

見るからに怪しいモールですが、

違法活動の温床にもなっていたようです。

ニュース映像を観るとゲームセンターで少女たちが待機しており、

映画館の近くに斡旋者がいたようです。

摘発があったモールですが「ISETAN」と書いて、

「アイセタン」と読むという情報もありますが、

ニュースでは「イセタン」と呼んでいますね。

やはり名前はパクリだったようです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

銃を構え自分撮りの少年、ハイチーズで引き金を引き顔面撃つ


現地からの報道によると、

このほどバタンガス州で、

少年が銃で自分を撃つ事故があったそうです。

暴発事故を起こしたのは15歳の少年で、

6月18日に叔父から借りた銃をあごに向けて構え、

別の手で携帯電話を使って自分撮りをしようとしたところ、

誤ってシャッターボタンではなく引き金を引いてしまい、

発射された銃弾が少年の鼻に当り、

そのまま頭蓋骨を貫通しました。

少年はそのまま入院し約1ヶ月後に退院しましたが、

ぼんやりしながら独り言を言い始め、

さらに頭痛を訴えたため再び病院に入院しました。

現在少年は集中治療室に入院していますが、

オマーンで家政婦として働いていた少年の母親も帰国しており、

家族は以前の入院費20万ペソも支払えておらず、

各方面に支援を求めています。

【abs-cbn】

フィリピンの自分撮り(セルフィー)好きは有名ですが、

弾丸が入った銃を自分に向けるとは、

注意不足にも程がありますね。

しばらく前には自分撮りしようとして、

階段から落ちた少女が死亡する事故が起きています。

女学生が教室を抜け出しスマホで自分撮りした結果…

フィリピンが世界1位、セルフィー(自分撮り)好きな都市ランキング

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。