スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


26歳の美人OLが遺体で発見、体内から男4人の体液…


現地からの報道によると、

マニラ首都圏近郊で、

若い女性が犠牲となる痛ましい事件があったそうです。

ブラカン州の外れにある集落で8月14日の朝、

田んぼに若い女性の遺体が浮いているのが発見されました。

遺体には首などに20個所以上の刺し傷があり、

現場付近に落ちていたドライバーが凶器と見られています。

遺体は製紙会社の人事課で働く、

26歳の女性であることが分かりました。

女性の下着は脱がされ、

現場近くに捨ててあるのが発見されており、

乱暴されたあとに殺害されたとみています。

その後、女性の葬儀に参加したジプニー運転手が、

容疑者の一人として逮捕されました。

遺体で発見される前日の夜に、

容疑者のジプニーに女性が乗客として乗っていたことが分かり、

さらに容疑者の体に爪で引っ掻いたような多数の傷があったことから、

家族が警察を呼び逮捕されました。

しかし容疑者は傷は妻との喧嘩で付いたものだと主張し犯行を否定しています。

警察はほかに2人の容疑者を逮捕し尋問を行っていますが、

決定的な証拠が不足しており、

このままだと3人が釈放されてしまう恐れがあるため、

遺族は彼らがそのまま逃走することを懸念しています。

また司法解剖の結果、

女性の体内から男4人の体液が検出されており、

複数の犯人に乱暴されたあと、

殺害されたことは間違いないと見られています。

以下、現地のニュースのビデオ映像(直接的な描写があるので注意)

DALAGA, GINAHASA NG 4 NA LALAKE; NAGTAMO NG 20 SAKSAK

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

【gma、TV5】

家族は同じ地域で顔を知っている連中が、

犯人だと考えているいるようです。

被害者の女性はフェイスブックに頻繁に写真を掲載しており、

http://internet.blogmura.com/facebook/ranking_out.html

母親が誰かの興味を惹く可能性があると心配して注意していたそうです。

被害者の写真を見ると色白で、

スタイルもフィリピン人好みの美人です。

近所の男たちにとっては羨望の的だったのではないでしょうか。

複数の容疑者が女性の行動を知った上で、

計画的に犯行に及んだ可能性もありますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

セブで日本人が自殺か、英会話を学び帰国直前


現地からの報道によるとセブ市でこのほど、

日本人が死亡しているのが発見されたそうです。

月曜日の午後にバランガイ・カサンバガンにある下宿で、

日本人が首を吊って死亡しているのを、

同じ下宿の住人が発見し警察に通報しました。

死亡していたのは大阪出身の31歳の男性で、

日曜日の早朝に別の住人が日本人の部屋から、

「ドスン」という音がしたのを聞いていたそうです。

翌日になって日本人が部屋から出てこないのを心配した住人が、

部屋を訪ねたところ、

ドアの後ろでロープで首を吊っている彼をを発見しました。

下宿の大家によると、

日本人はセブで英語を勉強しており、

3週間前にホテルから下宿に引っ越してきました。

そして8月19日に日本に帰る予定となっており、

電化製品などの所持品を下宿に寄付すると話していたそうです。

他の住人によると日本人は1人で居ることを好み、

ときどきビールを持ち込んで部屋で飲んでいたそうです。

警察は自殺とみていますが動機はまだ分かっていません。

【abs-cbn】

フィリピンで自殺する外国人は多いですが高齢の方が多いです。

この方はまだ若いですし、

何らかの目的を持ってフィリピンで英語を学んでいたのだと思いますが、

いったいなにが原因で絶望したのか気になりますね。

事件の前にホテルから下宿に移動したとあるので、

なにか金銭的な問題があったのかもしれません。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

マニラ市タフトで手榴弾事件が相次ぐ、動機不明


現地からの報道によると、

月曜日の朝にマニラ市内のコンドミニアム近くに、

手榴弾が投げ込まれたそうです。

警察によると事件があったのは、

LRT駅があるタフト通りとペドロギル通りの角付近で、

車に乗った正体不明の容疑者が、

ピンを抜いて手榴弾を投げましたが、

不発で負傷者はいませんでした。

警察の爆弾処理班が出動し、

不発の手榴弾は現場において爆破処理されました。

こんな場所で爆破!爆弾処理の様子を伝える現地ニュース映像

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

タフト通り近辺で手榴弾が投げ込まれた事件は、

7月からこれで3件目。

7月22日にはビクトリア・デ・マニラ・コンドミニアムに、

手榴弾が投げ込まれました。

この前日にも周辺で手榴弾が投げ込まれましたが。

いずれも不発で警察の爆弾処理班によって回収されました。

犯行の動機は不明です。

また先週の火曜日には、

マニラ市内デルパン橋でバイクに乗った男が投げた手榴弾が、

爆発する事件がありましたが、

幸い負傷者はいませんでした。

警察は容疑者が強盗を試みていた可能性があると見ています。

【gma、TV5】

いずれも不発で明らかに脅しのようです。

同じコンドの周辺に投げ込まれているようですが、

なにかビジネスをめぐるトラブルを抱えているのかもしれなせん。

そのうち本当に爆発させるかもしれないので、

あの近辺に行くときは要注意かも。

フィリピンは東南アジア有数の銃社会として知られていますが、

手榴弾もかなり広く出回っています。

選挙期間になると候補者の家に手榴弾が投げ込まれたり、

または銀行強盗などが使用することも珍しくありません。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。