スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


多発するバイク犯罪の対策で迷走、男同士の2人乗り禁止!


マニラ首都圏でバイクに2人乗りした犯人による、

殺人などの犯罪が急増していることを受け、

防犯対策に乗り出していますが、

各地自治体で対応がバラバラで、

ライダーに大きな混乱をもたらしているいるようです。

マンダルヨン市はこのほど、

バイクの2人乗りに関する規制条例を発表しました。

それによるとバイクの後部座席に乗ることができるのは、

基本的に女性と7歳から1歳の子供だけとなります。

しかし例外的に運転手と血縁関係がある男性も、

後部座席に乗ることができますが、

それを証明するための出生証明書などの書類が必要となるそうです。

8月中に6ヶ月のテスト期間を開始する見通しで、

市内で警官が2人乗りのバイクを確認した場合、

停車させて身元を確認することになりますが、

条例違反による罰金などは今のところないそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

マンダルヨン市やパシッグ市、サンファン市、マリキナ市を含む、

マニラ首都圏の東部警察地区では、

1月から3月だけでバイクを使用した犯罪が561件発生し、

昨年の同じ時期と比べて125%の増加となっています。

バイク犯罪の犯人の逮捕率は非常に低く、

その対策が急務となっています。

一方、ケソン市ではバイクの運転手に、

プレートナンバーが記されたベストの着用を義務付ける条例が提案されましたが、

バイク愛好家による反対運動が起きて、

撤回する事態となっています。

【インクワイヤラー】

ほんとにお役所体質というか、

各市は自分の管轄しか考えていないようですね。

通勤などで複数の自治体を通過するライダーも多いはずですが、

各市でバラバラの規制では混乱するだけです。

ナンバープレートの偽造が横行しているこの国で、

ナンバー付きのベストが防犯に繋がるとは思えません。

それよりナンバー無しで走っている車両を、

どうにかするほうが先だと思います。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

ボラカイのバーで女性35人を救出、1500ペソで連れ出し強要


国内有数のリゾート地で、

未成年を含む35人の女性が、

人身売買の犠牲者として救出されたそうです。

ボラカイ警察のツーリスト・アクション・センターによる摘発があったのは、

ボラカイ島のマノック・マノックとヤパックの両バランガイにある、

「Isla Bora」「Swampy Videoke Bar」「Wave 98」の3つのバーで、

おとり捜査により人身売買行為が行われていることが発覚したそうです。

調べによると摘発されたバーは、

ウェイトレスとして働かせていた女性に、

顧客によるバーファイン(連れ出し)を強要していた疑い。

おとり捜査官が支払ったバーファイン料金1500ペソを、

バー関係者が受け取ったところを逮捕しました。

救出された35人の女性たちはウェイトレスという触れ込みで、

マニラ首都圏やネグロス、セブなどで募集されましたが、

顧客による連れ出しを強要されていたそうです。

女性たちは社会福祉局に保護され、

4人のバーのオーナーは人身売買の容疑で罪を問われる見通し。

【TV5】

外国人が多い観光地で、

こういった商売が一掃されることはないと思いますが、

それなりに摘発は行われているようです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

もうダメ…MRTが故障連発、事故後2回も立ち往生


もう老朽化が限界に来ているようです。

先週の水曜日にマニラ首都圏を走る高架鉄道(MRT)が、

終点であるパサイ市のタフト駅で停車に失敗してバリケードを突き破り、

36人が負傷する大事故があったばかりですが、

この後も故障が相次いでおり、

利用者を不安に陥らせています。

事故から2日後の金曜日、

サントラン駅付近で列車が動力を失って停車する不具合があり、

他の列車によってトライノマ駅まで運ばれたそうです。

さらに日曜日の朝にも、

ブエンディア駅付近で列車に不具合が発生したため、

乗客をすべて降ろされ、

別の列車によって運ばれました。

この影響によりしばらく片側の線路は使用不能となり、

片側だけによる運行を強いられたそうです。

【abs-cbn】

さらなる大事故の予兆かもしれませんね。

MRTやLRTなど高架鉄道は、

慢性渋滞のマニラ首都圏において、

ある程度、時間が読める唯一の交通手段でしたが、

悪化する駅での混雑や度重なる故障で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

利便性が急速に悪化しています。

新しい車両の導入は数年先になりそうなので、

これからもトラブルは増える一方でしょうね。

運賃の値上げ難しく赤字を垂れ流しながらの運営ですから、

整備に手が回らず大事故が起きるのも時間の問題かもしれません。



関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。