スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界最悪の空港で利用客が犬に噛まれる、警察関係者がペットを放置


世界最悪の空港ではハプニンが尽きません。

現地からの報道によると、

このほどマニラ国際空港で利用客の男性が、

犬に噛まれる事故があったそうです。

事故があったのは第1ターミナルで、

上海に向かうため空港を訪れていた男性(59)が、

空港の警備関係の事務所に隣接するトイレを利用したところ、

付近にいた犬に太腿を噛まれて負傷しました。

男性は始め一般のトイレを使おうとしましたが、

2つのトイレはいずれも故障中で使用禁止だっため、

近くで立ちションを試みたところ警備員に発見され、

事務所にあるトイレを使うよう案内されたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

そして用を足してトイレを出たところ、

近くにいた雑種のゴールデンレトリバーに噛まれました。

男性はすぐに空港の医療施設で、

破傷風のワクチン接種されるなどの治療を受けました。

男性を噛んだ犬は空港警察関係者のペットで、

家で面倒を見る人がいなかったので、

職場に連れてきたと説明しているそうです。

空港警備当局の責任者は、

事務所のトイレは一般客用ではないと指摘する一方で、

犬もそこに居るべきではないと過失を認め、

空港に犬を連れてきた関係者に説明を求める方針を示しています。

男性は治療を受けたあと中国に向かいましたが、

狂犬病の危険もあるので噛んだ犬の監視を続け、

いつでも連絡できる準備を整えているそうです。

マニラ空港では2年前にも第2ターミナルで、

2歳の子供が放し飼いの爆弾探知犬に噛まれる事故が起きています。

【インクワイヤラー】

一般の利用客は使わない職員用のトイレだったようですが、

空港の敷地内に勝手にペットを連れてくるのは、

安全面や衛生的なことを考えてもちょっと非常機ですね。

とはいえ一般客用のトイレが故障していなければ起きなかった事故ですから、

原因は一向に改善されない空港施設の整備問題にあると言えそうです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

韓国人女子大生が引ったくり追いかけ携帯を取り戻す


ちょっと無謀ですが結果オーライですね。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市内で、

女子大生が引ったくり犯から、

携帯電話を取り戻したそうです。

事件があったのはタフト・アベニューで、

月曜日の午後9時30分ごろに、

デラサール・カレッジに通う韓国人の女子大生(19)が、

宿舎に向かって歩いていたところ、

手に持っていた2万ペソ相当のスマートフォンを、

男に引ったくられたそうです。

女子大生は引ったくり犯を走って追跡し追いつくことに成功。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

携帯電話を奪い返そうとすると、

男は諦めてスマホを手放しました。

その後も男は逃走を図りましたが、

騒ぎを聞きつけた学校の警備員が、

追いかけ拘束に成功し警察に突き出したそうです。

【インクワイヤラー】

もし犯人が武器を持っていたらと思うとちょっと怖いですね。

バイクで逃走されなかったのがラッキーでした。

犯人は34歳だったそうですが、

19歳の若者を振り切ることはできなかったようです。

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。