スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「クソを食え」サイバーセ◯クスで稼ぐ女学生の甘くない現実…


ダバオ市の名門大学で看護学生として学ぶエンジェルは、

学業がうまく行かず一時的に休学する道を選んだ。

そして通信関係の会社で2年働いたが、

学校を卒業するために仕事を辞めることを決意。

そして2011年に彼女は再び学校に戻った。

「妹が看護学校に通っていたので、私は両親の支援は期待できなかった」

「なので私は授業料を自分で稼ぐ必要があった」と彼女は話した。

そして彼女は友人の多くが、

マニラでサイバーセ◯クスに従事して稼いでいることを知り

自分も試してみることにした。

さっそくエンジェルは母親と友人から、

それぞれお金とノートパソコンを借りてインターネットに接続し、

「ライブジャスミン」という米国を拠点とするサイトに登録した。

http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

「このサイトはパスポートについてとても厳格です」と彼女は話す。

「オンラインでパスポートを提出し登録フォームに記入したあと、

ニューヨークから直接マスターカードが送られてきます」

このカードの口座に直接彼女の賃金が支払われるシステムだ。

サイトの画面ではセクシーな女性のほか、

ゲイやトランスジェンダー、熟女などのカテゴリーに分けられ、

さらにブロンドや黒髪、フェチ、カップルなど、顧客の趣向に合わせ細分化されている。

ほかにも最も人気のあるパフォーマーや、

新人を特集したリンクもあるという。

彼女のようなパフォーマーが稼ぐには、

いかかに顧客を魅了してプラーベートチャットに誘い込み、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

長い時間を過ごさせるかにかかっている。

このようなサイバーセ◯クスが拡大しているのは、

ひとえに儲かるビジネスだからにほかならない。

新人の場合、顧客は1分あたり1ドルを支払い、

そのうち70%をサイトが取得し、

残りの30%(30セント)がパフォーマーの収入となる。

エンジェルはすでに二年目なので、

1分あたり顧客の支払いは2ドルとなり、

彼女の取り分は60セントといった具合だ。

しかし人気パフォーマーの中には、

50%から70%の取り分を受け取る者もいて、

その収入は15日毎の支払いで1千ドル以上に達するという。

しかしエンジェルは、

「それにはオフラインの生活を犠牲にする必要がある」と話し、

高収入を得ることはとても難しいことだと指摘する。

「長くやっていると顧客の要求はどんどん過激になっていきます」

「いくつかの顧客は排泄物を食べ、尿を飲むことを要求してきました」

サイトからは15日ごとに給料が支払われるが、

収入が100ドルを超えていない場合は次に持ち越される。

サイトに登録し学校に戻ったエンジェルの場合は、

学費に十分な金額を得ることに成功した。

【インクワイヤラー】

当局が摘発を強化していますが、

若いフィリピンの学生の間では学費を効率よく稼ぐ手段として、

サイバーセ◯クスが依然として横行しているようです。

仮に一日1時間、顧客を得られれば、

2年目からは36ドル(約1600ペソ)の収入になる計算です。

これはマニラ首都圏の最低賃金(日給)の3倍以上です。

結局、国内では外国人を相手にしないと、

割り当に会う収入は得られないということでしょうね。

国内経済が改善されない限り、

いくら摘発を行ってもイタチゴッコのような気がします。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。