スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人に法外な運賃請求のタクシー運転手がブタ箱行き


完全に日本人を舐めてますね。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市で、

法外な料金を請求したタクシー運転手が、

日本人に告訴されたそうです。

マニラ地区警察の調べによると、

告訴されたのは40歳のタクシー運転手で、

金曜日にマカティ市のシネマ・スクウェアから、

マニラ市のパコにあるホテルまで乗車した46歳の日本人の男性に、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

メーターを使用せず5千ペソの料金を請求した疑い。

午前4時頃に、

キリノ通りとタフト通りの交差点付近で、

日本人男性が1千ペソを渡したところ運転手が怒り始め、

2人は料金をめぐって激しい口論になりました。

さらに男性は口論している最中に、

タクシー内に置き忘れていた携帯電話を、

何者かに盗まれてしまったそうです。

怒った男性は、

付近にいたパトロール中の交通監視員に頼んで一緒に警察署に行き、

運転手を窃盗罪で告訴。

運転手はマニラ地区警察本部に勾留されました。

【フィルスター】

ロクでもない運転手に引っかかって不愉快な思いをした挙句、

携帯まで盗まれてしまい、まさに踏んだり蹴ったりですね。

時間帯から見てマカティで飲んでホテルに戻る途中でしょうか。

運賃はメーターを使えば、

300ペソ以下の距離だったということです。

どう考えて5千ペソは法外な値段で、

乗客を馬鹿にした要求と言わざるを得ません。

たまにこういう外国人を舐め切った、

頭のオカシイ運転手もいるので要注意です。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

居眠り写真めぐり口論、警備員が同僚をを射殺


現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏で、

警備員が同僚を射殺する事件があったそうです。

事件があったのはパシッグ市にある、

装甲車を運用する警備会社の敷地内で、

金曜日の午前6時30分ごろ、

門を担当していた警備員が、

会社の敷地内から複数の銃声を聞いて駆け付けると、

血溜まりで死亡している同僚の男性(34)を発見しました。

目撃者によると容疑者は事件前に、

勤務中に被害者が寝ている姿を写真に撮影。

これに被害者が激怒して2人は激しい口論となり、

容疑者が仕事に使うM16ライフルを持ち出し、

被害者に向けて発砲したということです。

容疑者の警備員はさらに現場から逃走しましたが、

その後、犯行に使ったライフルを持って自首し、

パシッグ警察に勾留されています。

【ジャーナル】

一般的に写真好きのフィリピン人ですが、

仕事中の居眠り写真は冗談でも嫌なようです。

どんなくだらない理由であれ、

この国では銃を持った人を怒らせるのは、

極めて危険だということがよく分かります。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。