スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マラテのKTVで外国人が大暴れ、GROに噛み付き首絞める


みなさんもご存知のお店かもしれません。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市にあるKTVで、

酔った外国人観光客が暴れて警察に逮捕される騒ぎがあったようです。

事件があったのはマラテ地区のマビニ通り沿いにある、

「チャンスKTVバー」で、
http://overseas.blogmura.com/philippine/

午前1時頃にすでに酒臭いスイス人の男(38)が訪れ、

店内でウィスキーを飲んだあと、

いきいなりグラスを従業員の背中に投げつけ、

さらにガラス製のドアに蹴りを入れて粉々に破壊。

男は指名したGROの女性の肩に噛み付き、

首を締めるなどの暴行を働いた挙句、

2400ペソの支払い拒否したそうです。

男の暴挙は止まらず、

店内を徘徊してカラオケを歌っていた他の客からマイクを奪い、

ファ◯クなどの卑俗な言葉を連呼。

店の通報で警官が駆け付けたところ、

男はトイレに駆け込みドアをロックして閉じこもり逮捕に抵抗しました。

ようやく逮捕された男ですが、

今度は店内で暴れたことを憶えていないと話す一方、

自分の財布から2千ペソが消えたと主張しています。

【ジャーナル】

男はこのKTVに来る前にすでに酔っ払っていたようですが、

事件に居合わせた他のお客さんはいい迷惑だったでしょうね。

まだオープンしたばかりの店なのに、

ドアを壊されたりとお気の毒です。

逮捕されたスイス人は裁判で有罪になれば罪を償ってから、

強制送還になる見通しのようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

ホテルで異臭騒ぎ、偽札所持の外国人を逮捕


現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏のホテルで、

偽札を所持していた外国人観光客が逮捕されたそうです。

事件があったのは、

マカティ市のバランガイ・ポブラシオンにある、

「Shills Philiaホテル」の一室で、

宿泊客から異臭がするとの苦情を受けたホテル従業員が、

臭いの元となっている部屋を調べるため、

ドアを開けるよう求めましたが拒否されたました。

異常を感じたホテルのオーナーが警官を呼び、

さらにドアを開けるよう求めましたが、

それでも拒否したため合鍵を使って室内に入ったところ、

床に散らばっている大量の100ドル札を発見。

さらに部屋には大量の接着剤や、

偽札の作成に使ったと思われるスタンプなども押収され、

午前0時20分に部屋にいた2人のアフリカ人と、

ブルゴス通りにある「Wowowバー」で、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

GR0として働くィリピン人の女を逮捕しました。

押収された193枚の100ドル札は、

フィリピン中央銀行によって偽札であることが確認されたそうです。

【フィルスター】

ホテルの部屋で偽札を製造していたようですね。

ブルゴスの両替商で両替するつもりだったんでしょうか?

もしかしたらGROの女の店で、

豪遊する計画だったのかもしれません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。