スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NBIがパサイのクラブを摘発、女性60人を救出


現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏のクラブで、

国家捜査局(NBI)の摘発があり、

人身売買の被害者とみられる女性たちが救出されたそうです。

摘発があったのは火曜日で、

未成年者が働いているとの情報を得たNBIが、

おとり捜査官を使ってパサイ市内にあるクラブに潜入。

ステージ上でストリップショーが行われ、

顧客が女性を6千ペソでテイクアウトできることを確認したそうです。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_pv.html

しかしクラブのマネージメントは、

ステージでの淫らなショーを否定しており、

顧客による女性のテイクアウトも禁止していると主張しています。

救出された60人の女性のうち未成年者は、

社会福祉省に引き渡される見通しだそうです。

NBIはクラブにのオーナーに対し、

人身売買違反などの容疑で、

告訴する準備を進めているそうです。

【gma、レマテなど】

先日、お伝えした「日本人を拘束、高級クラブでトラブル」と同じクラブのようですが、

どうもゴタゴタが続いているようですね。

関係者の方のブログによると、
http://ameblo.jp/sorasana1013/entry-11858249394.html

すでに営業は再開しているようです。

特に何も問題はなかったということでしょうか?

普通は速攻で閉鎖のはずですが不思議な摘発です。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

マラテで日本人の腐乱死体、悪臭の苦情で発見


現地からの報道によると、

このほどマニラ市内で、

日本人の腐乱死体が発見されたそうです。

マニラ地区警察によると死体が発見されたのは、

マラテ地区のMHデルピラール通りにある、

「アルファ・グランドビュー・コンドミニアム」の一室で、

同じコンドの住人から、

日本人の部屋から悪臭がするとの苦情を受けた警備員が、

同居人のフィリピン人女性(41)に連絡を取り部屋を確認したところ、

部屋の借り主である86歳の日本人男性が、

裸の状態で床にうつ伏せに倒れているのを発見しました。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

調べによると男性は、

4月にフィリピンに入国しており、

コンドの部屋を6ヶ月の予定で借りていたそうです。

遺体は死後約1週間が経過しており、

すでに腐敗が始まっていました。

同居人の女性が男性の生きている姿を最後に見たのは5月3日だったとのことです。

警察が死因などを調べています。

【ジャーナル】

かなり高齢の方なので、

なにか病気があったのかもしれませんね。

同居人の女性がいたにも関わらず、

1週間も放置されていたのが不思議です。

最後に会ったのが5月3日とのことなので、

20日近く連絡をとってなかったことになります。

女性とどういう関係だったのかが気になりますね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。