スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米国人が「ポリス」シャツの2人組に4千ドルを奪われる


白昼強盗です。

またニセ警官でしょうか?

現地からの報道にとると、

このほどマニラ市のホテル前で、

米国人が2人組の強盗に襲われたそうです。

警察の調べによると、

被害者は54歳の米国人男性で、

午後3時30分頃に、

エルミタ地区マビニ通りにある、

チューンホテル前に立っていたところ、

「PULIS(ポリス)」とプリントされた青いシャツを着た2人組が乗る車が、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

目の前に停車したそうです。

そして降りてきた男のひとりが男性に銃を突きつけ、

もうひとりが身体検査を行い、

男性が所持していた現金4千ドルを奪って、

再び車に飛び乗り逃走しました。

被害届を受けたマニラ地区警察が、

現場付近で捜査を行っているそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

まだニセ警官か本物の警官か分かりませんが、

どっちでもありえるのがフィリピンの怖いところ…。

どちらにせよ犯人は被害者の米国人男性が、

高額な現金を所持しているを知ったうえで、

犯行に及んだことは間違いなさそうです。

被害者の男性はSOGOホテルに滞在していたそうで、

なぜチューンホテルの前にいたのかが気になります。

マネーチェンジャーにでも行く途中だったのでしょうか?

被害者の男性ですが、

「もう一度(犯人の)2人を見たら彼らを特定できる」と警察に話しており、

犯人たちは顔を隠さずに犯行に及んでいたようです。

エルミタではこのところ事件が相次いでいます。

エルミタで外国人が突然刺されるもホテルに自力で帰る

エルミタの路上で銃撃事件、両替商の防弾車を狙う

エルミタで韓国人が車上荒らし被害、180万円相当失う

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

世紀末マニラ、警官が市民の口に銃を突っ込み「撃ってほしいか?」と脅迫


まさにヒャッハー状態です。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市で、

市民に虐待を行った警官たちが訴えられたそうです。

事件があったのはマラテ地区のレメディオス通りと、

マドレ・イグナシア通りの角にある「カウボーイグル」の前で、

木曜日の午前8時30分頃、

建物の外で制服を着用したまま酒を飲んでいた警官たちが、

通りかかった物売り男性(29)を」呼び止め、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

「お前を犯罪者にしてやる」と脅し胸を殴りました。

殴られた男性はその後、胸の痛みを感じ病院に行ったそうです。

さらに午前9時頃、

同じ場所を通りかかったバランガイ・ホールで働く男性(32)も、

同じ警官たちに絡まれた挙句、

口に拳銃の銃口を突っ込まれて、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

「お前を撃ってほしいか?」と脅迫されたそうです。

しかし男性が自分がバランガイ議長の元で働いていることを告げると、

警官は急に態度を変えて男性を解放しました。

被害者の男性はマニラ地区警察に被害を訴え、

警官たちの横暴が明らかとなりました。

問題の警官は6人で、

全員がマラテ地区の第6分署の所属だそうです。

制服を着た警官が外で酒を飲みまくり、

無実の市民に銃口を向けて虐待するという、

世紀末救世主伝説もビックリの事件です。

夜勤明けでストレスでも溜まっていたのでしょうか?

KTVのバリバリとかがある近くですね。

あの辺で警官が酒を飲んでいたら要注意です。

こんな警官ばかりじゃ、ますます観光客が減りそうです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

外国人銃撃事件の容疑者を逮捕、動機と共犯者は不明


現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏近郊で、

外国人の男性が射殺された事件の容疑者が逮捕されたそうです。

警察の調べによると、

逮捕されたのは39歳の男で、

5月2日にカビテの自宅にいたドイツ人男性(61)を、

45口径の拳銃で射殺し逃走した疑い。

目撃者の証言を元に容疑者を割り出し、

木曜日の夜にケソン市の自宅にいたところを逮捕しました、

犯行に使用したとみられる拳銃のほか、

手榴弾も押収されたそうです。

警察は男が殺しを請け負ったとみています。

殺害されたドイツ人男性は、

マカティ市にあるオフショア会社で、

コンサルタントを務めており、

フィリピン人女性と結婚して4歳の子供がいたそうです。

男性は事件当時、

カビテ・バコールの自宅にひとりでいたところを襲われ、

顔や足など複数の場所を撃たれて死亡しているのが発見されました。

警察はほかにも共犯者がいるとみて、

捜査を続ける方針を示しています。

パラニャーケ市で日本人が射殺された事件では、

http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_pv.html

まだ犯人が判明していませんが、

目撃者がいればこの事件のように逮捕に繋がる可能性もあります。

ぜひ警察に頑張ってもらいたいところです。

路上で事件が起きているので、

目撃者がいてもおかしくないと思うのですが…。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。