スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国人が若い女性を奴隷扱い、倉庫火事で8人死亡の惨事


まさに違法行為の総合商社と言った感じです。

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏の倉庫で火事があり、

女性従業員8人が死亡する惨事があったそうです。

この火事で中国人の雇用主が、

劣悪な環境で若い女性たちに労働を強要していた実態も浮き彫りとなりました。

火災があったのはパサイ市の住宅街にある倉庫で、

金曜日の午前1時ごろ、

住み込みで働いている従業員のひとりがトイレに起きたところ、

一階から火の手が上がっているのを発見。

寝ていた同僚を起こして2階の寝室から避難を試みましたが、

すべてのドアが施錠されており、

窓にも鉄格子がはめられていたため脱出は難航。

結果的に8人がエアコン取り付け用の壁の穴から、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

なんとか脱出できましたが、

他の8人の女性従業員が逃げ遅れ、

煙に巻かれるなどして焼死しました。

火災があった倉庫はDVDプレーヤーや携帯電話などが保管してありましたが、

建物はあくまでも住居用として登録してあり、

雇用主の中国人がビジネスの認可もない状態で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

違法に営業していたことも発覚しました。

生き残った従業員によると、

毎日、就業時間が終わると寝室に閉じ込められ、

外に出れないようドアを施錠するよう命じられていたそうです。

そして窓から外で待っている雇用主に従業員が鍵を投げて渡し、

翌朝に雇用主が下から鍵を投げてドアを開けるのが日課だったそうです。

死亡した従業員は19歳から24歳の若い女性ばかりで、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

東ネグロス州の貧しい地域から連れて来られ、

月収2500ペソから3000ペソで、

1日12時間という過酷な労働を強いられており、

休暇は年に4日だけだったそうです。

しかも休暇も自由に外出することは許されず、

集団行動の遠足だけという、

まるで刑務所のような生活でした。

従業員の中には未成年者も含まれていたことから、

中国人の雇用主は業務上過失致死や無許可の事業運営などに加え、

人身売買違反などの複数の違法行為で逮捕されました。

【インクワイヤラー、abs-cbn】

フィリピンの刑務所より自由がない生活かもしれませんね。

女性たちは携帯電話すら使わせてもらえなかったそうです。

違法性の高い倉庫も火災が無ければ発覚しなかった訳で、

近所の住人や地域自治体も見て見ぬふりをしていたのかもしれません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

ハリソン付近の路上で外国人が射殺、日本人殺害の手口に酷似


また外国人が犠牲になったようです。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市内の路上で、

外国人がバイクに乗った男に射殺されたそうです。

事件があったのは、

ハリソンプラザ・モールに近いオカンポ通りの路上で、

木曜日の午後10時ごろに、

中国人ビジネスマンの男性(43)が車(レンジローバー)を運転中に、

赤信号で停車したところ、

バイクに乗った2人組の男が近づいてきて、

いきなり拳銃を発砲し、

男性は頭や体に複数の銃弾を受け死亡しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

現場からは犯行に使用された45口径拳銃の使用済み薬莢が11個回収されたそうです。

被害者の男性はレストランでミーティングを終え、

マカティ市からマニラ市エルミタ地区の自宅に帰る途中で、

現場で犯人に待ち伏せされたとみられています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

犯人はタフト通り方面に逃走したそうです。

親族によると男性は、

事件の前に殺害するとの脅迫を受けていました。

警察はプロの殺し屋の犯行の可能性もあるとみて、

犯人の割り出しを急いでいます。

【gma、マニラタイムスなど】

今月初めにあった日本人殺害事件と状況や手口が酷似しています。

今度は首都圏で日本人殺害、旅行会社の経営者か

明らかに被害者の行動を知ったうえでの待ち伏せでしょうね。

偶然の一致でしょうが被害者の車の色も濃い緑色で酷似しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

警察は犯行の動機を特定していませんが、

何かビジネス絡みのトラブルがあったのかもしれません。

この国で商売をするのは命がけです。

付近にいたバランガイ・ポリスが銃声を聞いたほか、

周囲には人通りもけっこうあったようですが、

犯人の人相や乗っていたバイクのナンバーなどはまだ不明のようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

市民からダイヤを強奪したマニラ警官7人を解任


本職そっちのけで小遣い稼ぎする警官たちの悪行が浮き彫りに…。

現地からの報道によると、

このほど市民を恐喝した疑いで、

警官たちが解任されたそうです。

解任されたのはマニラ市役所に配属されていた7人の警官で、

パサイ市在住の女性が、

エルミタ地区にあるショッピングモール「ロビンソン・プレイス」のコーヒショップで、

日本人と結婚している女性にダイヤモンドを売ろうとしていたところ、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

現れた警官に詐欺容疑で逮捕され、

所持していた8万ペソ相当のダイヤモンドと、

ATMカードを警官に奪われました。

さらに警官は女性からATMカードの暗証番号を聞き出し、

口座から5万ペソを引き出したそうです。

女性がマニラ地区警察に助けを求めて恐喝が発覚し、

関与した7人の警官は解任されました。

しかしその後の警察の調べで、

ロビンソンでの逮捕劇は、

偽物の宝石を買わされたという市民の通報で行われたおとり捜査で、

鑑定の結果、その宝石が本当に偽物だったことが判明。

逮捕された女が本当の詐欺師だった疑惑も浮上しています。

しかし女は「警官が私のダイヤとお金を返さないなら、

関与した警官には教訓のため刑務所に行ってもらう」と発言しているそうです。

【フィルスター、インクワイヤラー】

偽の宝石を売っていた女詐欺師を逮捕したまではよかったですが、

刑務所行きにするついでに、

欲を出して金を巻き上げてしまったようです。

こうなるとどっちが犯罪者か分からないですね。

どっちも刑務所に行って欲しいです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。