スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼女の前でオ◯ニーを披露した変態男を逮捕


どこの国にもこういう変態はいるようです。

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏で、

露出狂の男が逮捕されたそうです。

逮捕されたのはパシッグ市に住む44歳の男で、

火曜日の午後3時頃、

4人の女の子が遊んでいる民家に押し入ってドアをロックした後、

4才の女の子を部屋の隅に無理矢理連れて行き、

彼女の服を脱がせたうえで、

自分もショートパンツを脱ぎ女の子の目前でオ◯ニーを行った疑い。

この際に他の3人の女の子にも、

近くで行為を見守るよう命じたということです。

ショックを受けた女の子たちの泣き声を聞き、

異変に気付いた近所の住人が窓から家の中を確認したところ、

男が行為を行っている光景を目撃。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

住人の視線に気付いた男は、

素早くショートパンツを履き逃走を図りましたが、

騒ぎを聞きつけた他の住人が迅速にバランガイ・ポリスを呼んだため、

速攻で逮捕されました。

事件当時、被害者である女の子の母親は、

近くの市場に買い物に行っていたそうです。

【ジャーナル】

もし近所の人が異変に気付かなければ、

そのままレ◯プされていたかもしれませんね。

まさか家の中にいきなり入ってきて、

こんなことをするとは誰も考えないでしょう。

変態の行動力に脱帽です。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

避妊薬使って浮気していた内縁妻を殺害、男を逮捕


現地からの報道によると、

このほどマニラ市で、

男が内縁の妻を殺害する事件があったそうです。

警察の調べによると、

火曜日の夜明け前に、

トンド地区にあるバーガースタンド「バーガーマシーン」で、

従業員の若い女性が、

刃物で11ヶ所を刺されて死亡しているのが発見されました。

容疑者は女性の元内縁の夫だった29歳の男で、

現場に駆け付けた警官よって逮捕され、

エルミタ地区にあるマニラ地区警察に連行されました。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

容疑者の供述によると、

犯行の動機は女性の浮気で、

2人の間には2人の子供がいるにも関わらず、

彼女の携帯電話に別の男から、

「ホテルに行こう」という内容のメッセージをを発見したほか、

避妊薬を飲んでいることを発見。

さらに男が運転するバイクで何度も職場に通う姿も目撃し、

「彼女を愛していたが彼女の浮気で、怒りに変わった」と心境を説明しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

容疑者は彼女に戻ってくるよう説得するために職場を訪れましたが、

それを否定され激しい口論となり、

激怒して犯行に及んだと見られています。

さらに容疑者は逮捕されたあと、

警官から虐待を受けたとも証言しています。

壁に頭を叩きつけられたほかハンマーで足を叩かれ、

背中に熱湯をかけられたと主張していますが、

担当の警官は犯行後に逃走を図った際に、

集まった野次馬がそれを食い止めようとして負傷したと説明しています。

容疑者の男は「2人の子供には申し訳ないが、

(死んだ)彼女には謝罪したくない」とも話しているそうです。

【abs-cbn、インクワイヤラーなど】

殺した男が悪いのは当然ですが、

いくら正式に結婚してないとはいえ、

殺害された女性も自由奔放過ぎる感じがします。

現地ニュースの映像では容疑者が、

女性と浮気相手のラブラブ写真をメディアに見せながら、

犯行に至った経緯を淡々と説明しています。

日本では考えられない状況ですが、

フィリピンではよくある光景です。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

北端の島に米国人が漂着、ゴムボートで海外から逃亡?


映画のような展開ですね。

現地からの報道によると、

このほどフィリピンの北端の島に、

米国人が漂着しているのが発見されたそうです。

いったい彼はどこからやって来たのでしょうか?

日曜日の午後3時30分頃、

ゴムボートに乗って意識を失いかけている64歳の米国人の男が、

バタネス州バスコの海岸に漂着しているのを、

現地の漁師に発見され病院に運ばれました。

男の脚は長時間に渡って海水に浸かっていたため、

肥大化していましたが命に別状はなかったようです。

警察が調べたところ、

所持品は衣服とラップトップPCが入ったナップザックと、

航海に使ったGPSデバイスだけでした。

男の話よると、

彼は台湾で生活していましたが、

自宅が違法薬物所持の疑いで家宅捜索され、

警察から逃亡するために台北からゴムボートに乗り、

米国大使館のあるマニラを目指したそうです。

しかし30時間に渡る航海のあと、

たどり着いたのはフィリピン北端のバタネスの島でした。

逃亡の理由について男は、

台湾の警察は信用出来ないと主張しています。

現在、入国管理局と外務省の対応を待っている状態で、

男性は現地の警察署に勾留されているそうです。

【インクワイヤラー】

寒くない季節とはいえ、

ゴムボートで海を渡るとは無謀な米国人です。

台湾の警察よりもフィリピンの警察のほうが信用出来ないと思うんですが、

なにか都合の悪い問題を抱える人は、

とりあえずフィリピンを目指すようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
≪PREVNEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。