スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外国人の逮捕相次ぐ、未成年者へのワイセツ行為で


このところ未成年者へのワイセツ行為で、

外国人の逮捕が相次いでいるようです。

現地からの報道によると、

このほどセブ島で未成年の少女にワイセツ行為を働いた容疑で、

73歳の英国人の男が逮捕されました。

警察の調べによると英国人の男は、

アニメを見せると言って5歳から9歳の3人の女の子を自分の部屋に誘い、

陰部に触れたり接吻をした疑い。

自宅に帰った女の子が両親に話したことで犯行が発覚し、

警察が男をレ◯プ容疑で逮捕しました。

男は1995年からフィリピンで暮らしていたそうです。

被害者の女の子の母親は、

昨年から娘の陰部付近に発疹が出来ていたと証言しており、

長期に渡って虐待が続いていた可能性も指摘されています。

一方、ラグナ州のリゾート施設「スプラッシュ・アイランド」では、

8歳から12歳の少年3人を親の承諾なしに連れ出し、

一緒に過ごしていた46歳のイタリア人の男が、

未成年者保護法違反で逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

警察の調べに対し男は、

少年たちはマニラ首都圏カローカン市のストリートチルドレンで、

自分はトルクメニスタンのイタリア大使館に務める外交官だと話しているそうです。

事件が発覚したのは、

同じリゾート施設を利用していた子供を保護するNGO団体の職員が、

少年たちの体を触るなどしていた男の行動を目撃し、

警察に通報したことがきっかけでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

フィリピン外務省は男が外交官だとしても、

外交問題ではないので外交官特権は使うことができないと指摘しています。

男は休暇を過ごすためにフィリピンを訪れていました。

また男は少年の両親から了解を得ているとも話しており、

これが事実の場合、

両親も人身売買の罪に問われる可能性もあるそうです。

被害者の少年のひとりは、

男から現金のほか食物や服を与えられたと証言しています。

最近こんな事件が多いですが、

やはり貧しい家庭が多いことに加え、

子供が多くて親の目が届かないケースもあるのではないでしょうか。

中にはお金のために黙認している両親もいるのかもしれません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。