スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


比人女性から金を騙し取った外国人を逮捕


こういった構図は珍しいような気がします。

現地からの報道によると、

このほどフィリピン人女性2人から、

お金を騙し取った疑いで外国人が逮捕されたそうです。

国家捜査局の調べによると、

被害者の女性2人はソーシャルネットワーキングサイトを通して、

外国人の男と知り合い恋愛関係になったそうです。

関係が深まると外国人の男は、

女性にビジネスを立ち上げるためのお金の援助を持ちかけました。

男はビジネスが成功した暁には利益を分配することを約束し、

将来的に結婚することも仄めかしていたそうです。

そして被害者は40万ペソもの金額を男に送金していました。

その後女性は男に追加で2千ドルの送金を頼まれましたが、

その受け渡し相手として、

男の知り合いマレーシア外交官を指名されたことから、

何か話がおかしいと感じたそうです。

そして女性は国家捜査局に相談し、

おとり捜査によって、

容疑者の一味とみられるリベリア人の男を詐欺容疑で逮捕しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

こういった詐欺というと、

フィリピン人女性が外国人を騙すイメージが強いですが、

より貧しい国の男にとっては、

フィリピン人女性が金銭を騙し取る対象になるということですね。

ちなみに騙された女性のひとりは、

40歳のコールセンターエージェントだそうで、

独身でそこそこの収入があり、

外国人との結婚を求めているような女性がターゲットになりやすいようです。

詐欺を働いた男は、

フィリピンに向かう途中の空港で、

強盗に遭ったなどと女性に話し何度も送金を要求していました。

それでも男に夢中だった女性は、

借金をしてまでも送金していたそうで、

まさに恋は盲目といった感じですね。

フィリピン人女性に夢中になって、

送金しまくる日本のオジサンとそっくりです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

エルミタで日本人が引ったくり被害、60万円相当を失う


なぜ首都圏有数の犯罪多発地帯で高価なものを持ち歩くのか謎です。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市内で、

日本人が引ったくり被害に遭ったそうです。

マニラ地区警察の調べによると、

被害者はマカティ市のデュシットホテルに滞在していた日本人男性で、

午後4時頃にマニラ市エルミタ地区の、

UNアベニューとマリア・オロサ通りの角付近を歩いていたところ、

二人乗りのバイクが近づいてきて、

いきなり持っていたカバンを引ったくられたそうです。

カバンを肩にかけていた男性は、

バイクに引きずられ負傷してしまいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

盗まれたブランド物のカバンは30万円相当の価値があり、

さらに中には現金30万円のほか、

タブレットや高額なキーホルダーが入っていたそうです。

バイクにはナンバープレートが付いておらず、

犯人はヘルメットを被っていたため人相も分かりませんでした。

あまり意識しないかもしれませんが、

カバンを持って歩いている外国人は現地ではかなり目立ちます。

危険を回避するためにも、

できるだけ手ぶらで行くことをお勧めします。

どうしても貴重品を持ち運ぶ必要があるなら、

タクシーなどを使ってドアツードアで移動するのが理想ですね。

以下は過去にエルミタで起きた路上犯罪の一例です。

また歓楽街で外国人が被害、子供たちに囲まれ…

歓楽街で外国人が殺害される、強盗撃退試み…

またエルミタで日本人が窃盗被害、デジカメと現金失う

日本人がエルミタの路上で50万ペソを強奪される

エルミタで外国人観光客が警官に現金を奪われる

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。