スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現地のATM利用に注意!スキミング横行で被害続出


現金を引き出す場所は厳選したほうが良さそうです。

現地からの報道によると、

現金自動預け払い機(ATM)にスキミング装置などを設置し、

複製したカードで現金を引き出す詐欺事件が急増しているようです。

フィリピン中央銀行によると、

カード複製によるATM詐欺の被害は、

2013年に1272件が発生し、

被害金額は2012年の1億7500万ペソを上回る、

2億2千万ペソに達したそうです。

このような状況を受けフィリピン中央銀行は、

ATMの引き出し限度額を一日2万ペソに引き下げることを検討しているほか、

銀行各社に複製が困難な新しいカードの導入を呼びかけています。

ただ限度額の引き下げに関しては、

経済活動に影響を及ぼす可能性もあり反対する意見も出ているようです。

すでに犯罪シンジケートの間では、

あらゆる種類のスキミング装置を利用した情報を抜き取りが横行しており、

警察が利用者に注意を呼びかけています。

スキミング装置を本物のカード挿入口に被せる手口のほか、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

小型のカメラを設置し暗証番号を隠し撮りするものや、

中には精巧な偽のキーパッドが設置されている場合もあるようです。

警察当局は利用者にスキミング対策として以下のアドバイスをしています。

・ATMのそれぞれの装置がちゃんと固定されているか確認する

・特にカードリーダ、現金取り出し口、キーパッド、照明やカメラの設置を確認

・もし異常を確認したら銀行に報告する

・できるだけいつも利用するATMから引き出す

最近ではマカティ市マガリャネスで、

複製したカードでATMから現金を引き出そうとした、

大統領警護班に所属する海軍士官が逮捕されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

たまたま通りかかったパトロール中の警官が職務質問をしたところ、

多数の複製カードとスキミング用機器を所持しているのが発見されたそうです。

さらにアンヘレス市では、

ATMにスキミング装置を設置しようとしていたイタリア人が逮捕されており、

外国人シンジケートの暗躍も浮き彫りとなっています。

特に観光客の場合は、

現地のATMを使い慣れてませんから、

変な装置が設置されていても違和感を感じない場合が多いでしょうね。

できるだけ現地では、

カードは使わないようにするのが一番の対策かもしれません。

ATMだけでなく店員がシンジケートとつるんで、

顧客のカードをスキミングするケースもあるので油断は禁物です。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

米国の協力で少女4人を救出、サイバーS◯Xの摘発が本格化


このところ連日のように摘発が行われています。

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏で、

サイバーS◯Xを配信していた拠点を摘発したそうです。

摘発を行った国家捜査局(NBI)によると、

拠点となっていたのは、

ナボタス市内にある3階建の民家の一室で、

スカイプなどを使って、

少女のワイセツな映像を配信していた30歳の男が逮捕されました。

この摘発は米国の国土安全保障省と協力して行われたもので、

以前に米国内で今回逮捕された容疑者の顧客が逮捕されていたことから、

米国のおとり捜査官がインターネット上で容疑者に接触し、

拠点となっている家屋の場所を突き止め今回の摘発となりました。

容疑者の男はおとり捜査官に対し、

「500ドル払えば少女はどんな要求にも従う」と話していたそうで、

摘発された部屋からはパソコンや外国からの送金を示すレシートなどのほか、

多数の大人のオ◯チャも押収されたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

拠点となっていた家からは、

容疑者に利用されていた12歳から19歳の4人の少女が救出されましたが、

そのうち2人は容疑者の姪で、

あとの2人は近所に住む子供でしたが、

その両親は娘が何をしていたのかまったく把握していなかったそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

妊婦フェチ?「タマゴッチ・ポ◯ノ」の配信拠点を摘発

サイバーS〇X業を営んだ外国人と比人パートナーを逮捕

サイバーS〇X業者を摘発、未成年者など13人を保護

フィリピンでもどこでもネットに接続できるような環境が整いつつあり、

さらに貧乏人の子沢山で、

親の目の届かないような子供もあちこちにいます。

摘発を活発化させているようですが、

ネットで外国人を捕まえて小遣いを稼ごうとする輩は、

これからも増え続けるでしょうね。

撲滅はなかなか難しいと思います。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

米国行きの飛行機で客室乗務員にキスを迫った結果…


飛行機の中では酔いが回りやすいといいますが…。

現地からの報道によると、

このほど米国行きの飛行機内で酔った乗客の男が、

客室乗務員を殴る事件があったそうです。

事件があったのはフィリピンのマニラ発、

米国ロスアンジェルス行きのフィリピン航空の機内で、

逮捕されたのはカリフォルニアで警備員として働く、

53歳のフィリピン人の男です。

マニラ国際空港から飛行機に搭乗した男は、

機内の厨房からボトル入りのウイスキーを入手しそれを飲んだあと、

さらにもう一本を求めましたが、

客室乗務員がこれを断ったところ激怒し、

タガログ語で「酒をよこさなければ殺す」などと罵倒し始めたそうです。

さらに、これ以上酒を飲むのを止めようと女性客室乗務員にキスしようとしたため、

男性の同僚がこれを阻止しようとしたところ、

男は彼の頭などを殴り始めました。

殴る際に鍵をナイフのように握ってたという目撃証言もあります。

男は客室乗務員と乗客によってようやく取り押さえられ、

翌日に飛行機が目的地に到着した時点で、

駆け付けた警察よって逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

男は20年の実刑になる可能性があり、

保釈金は1万ドルになる見通しだそうです。

男は客室乗務員を殴ったことや、

キスしようとしたことを覚えておらず、

思い出せるのは手錠かけられ、

大男の横に座らせられていたことだけだと話しているそうです。

男は両親と一緒に親戚を訪ねるためフィリピンを訪問していたそうで、

空港のラウンジですでに4杯も飲んでおり、

飛行機に搭乗した時点でかなり酔っ払っていたようです。

それにしても53歳にもなってこの振る舞いで、

さらに一緒にいた両親もコントロールできないとは呆れるしかないですね。

久しぶりに米国から帰郷して、

気が大きくなっていたのかもしれません。

ちなみに飛行機の機内では気圧が低い関係で、

地上で飲むよりも3倍ほど酔いが回りやすいそうです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。