スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昼は学生、夜はGRO、学生の10人に1人が体を売る現実


以下は現地紙に載っていた記事から。

GROとして働く女性の現実が垣間見えます。

20歳のソフィアは尊敬される弁護士になるのを夢見る典型的な女子学生です。

カトリック学校に通う彼女は、

誰からも注目を集めることを望まず、

控えめな態度を心がけています。

それは彼女が体を売っていると言う秘密を同級生に知られたくないからです。

ソフィアはナイトクラブで外国人に、

性的なサービスを提供するGROとして働いています。

「私は自分が売◯婦なのを気にしません」

「どのような手段を使っても学校を卒業したいんです」と彼女は言いました。

ソフィアのような学生は特別な存在ではありません。

インターナショナル・ジャスティス・ミッションの調べでは、

1000人の学生のうち10%から15%が体を売っているそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

しかしこのような学生のすべてが学費のために体を売っている訳ではなく、

中には経済的な独立や物欲のために行っている学生も多いそうです。

東ネグロス出身のソフィアは12歳のときに父親が死亡し、

そのあと母親に捨てられ叔母によって育てられたました。

高校を卒業したあと、

16歳のときに大学に進学するためセブ島に住みましたが、

ここでは学費が高いことを思い知らされました。

彼女は学費のためにメイドや販売店などで働き、

なんとか学費を貯金できましたが、

この仕事の給料では必要なものを購入することもままなりません。

彼女は3年続けた店員の仕事を辞めました。

そしてGROとして働く知り合いからクラブで求人があることを知らされ、

高卒で普通の仕事で働くことに限界を感じていた彼女は、

GROとして働くことを選びました。

「この仕事は好きではなわ。でもほかに選択肢がないの」

彼女は泣きながら言いました。

それでも収入は良かったので彼女はこの仕事を続けることを選び、

顧客から1千ペソから9千ペソのチップを得られる9ヶ所のクラブで働きました。

「顧客はショーアップを行い好みのGROを選びます」

「私もそのGROのひとりです」

彼女は地元の言葉でそう語りました。

彼女は120ペソの時給のほか、

顧客への「プライベートサービス」で少なくとも1千ペソを得ます。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

この仕事の収入によって彼女は食費や家賃、学校の費用を払うことでき、

さらに田舎の叔母に仕送りもすることができます。

しかし叔母は彼女がどうやってこの収入を得ているのは知りません。

彼女は新しい携帯電話や新しい服も購入でき、

一晩中働き続けるためのシャブも手に入れられます。

さらに彼女には学校の授業料を支払ってくれる、

61歳のノルウェー人の「ボーイフレンド」もいるのです。

彼女はエイズなどの性感染症は気にしません。

それより彼女が恐れるのは、

誰も目撃者がいないホテルの一室で顧客に殺されることです。

簡単に高収入が得られる経験は、

学生が学校を辞めてプロのセ◯クスワーカーになる要因のひとつでもあります。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

【泥沼化】元ミスコン美女もレ◯プ被害を主張、人気コメディアンのレ◯プ疑惑


しばらく前に話題した、

人気コメディアンのレ◯プ疑惑事件ですが、

やはり真相が解明されるどころか、

ますます泥沼化の様相を呈しているようです。

人気コメディアンで俳優でもあるボン・ナバロさんが、

タギッグ市内の高級コンドで、

美人モデルの女性をレ◯プしようとして、

複数の男たちに暴行を受けた事件ですが、

ナバロさんがセットアップの脅迫事件として、

国家捜査局(NBI)に真相解明を求める一方、

被害を主張するモデルと暴行を加えた男たちは、

ナバロさんをレ◯プ容疑で訴え法廷で決着を付ける姿勢です。

その後、様々な証拠が明らかとなっていますが、

中でも注目されているのが、

事件があったコンドの防犯カメラの映像で、

NBIの調べによると事件当日、

ナバロさんがコンドの部屋を訪れたとき、

モデルの女性はすぐに部屋を出て、

エレベーターでロビーに向かった様子が記録されており、

とても女性が主張するような、

レ◯プをする時間はなかったことが明らかとなっています。

しかしこれに対し女性側の弁護士は、

「たとえ1分以内でもレ◯プは可能」とトンデモ主張を展開し、

防犯カメラの映像は証拠として信ぴょう性に欠けると指摘しています。

さらに防犯カメラの映像では、

事件があった翌日のエレベーター内で、

暴行を加えた男性のひとりの実業家が、

レ◯プ被害を主張するモデルの女性とイチャつきながら、

キスをしている様子も記録されていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

この際にモデルの女性は笑顔までみせており、

とても実際にレ◯プ被害を受けたようには見えないとの指摘も…。

この映像からは実業家の男とモデル女性が、

ただならぬ濃密な関係であることも浮き彫りとなりました。

さらにこの事件に便乗するように、

元ミスコン候補者の女性が、

4年前にナバロさんにレ◯プされたと訴えています。

なぜ4年前の話が今ごろになって出てくるのか疑問ですが、

この訴えをめぐっては、

ナバロさんの元妻や仲間の芸能人から、

レ◯プがあったとされる日に、

ナバロさんのアリバイを指摘する声が出ています。

女性の主張によると、

2010年の4月24日の夜にマニラ首都圏のパシッグ市内で、

ナバロさんの車に乗ったところ、

車内でレ◯プされたと説明していますが、

この日ナバロさんは首都圏郊外のカビテにあるリゾートで、

人気コメディアンのバイス・ガンダさんのコンサートに出演していたことが分かっており、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

その日は深夜まで会場にいたことが証言されています。

この新たに被害を訴えた元ミスコン候補者の女性ですが、

過去にヌード写真が流出し、

ミスコン候補から追放されたという過去があり、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

暴行を加えた実業家の男性と交流があるとの指摘もあるようです。

一連の流れを見ると、

とにかくこの国は訴えたもの勝ちといった感じで、

フィリピンにおける司法の脆弱さが露呈していますね。

あれだけボコボコに暴行を加えられたにも関わらず、

いまだに誰も逮捕すらされていない状況で、

芸能活動の停止を強いられているナバロさんが、

一方的に損失を受けている印象です。

今のところ世論は完全にナバロさん味方ですが、

果たして真相は解明され、

レ◯プ疑惑に決着は着くのでしょうか?

この国では女性が絡む事件には特に要注意です。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事

【注意】空港で記入する到着・出発カードが変更


以下は在フィリピン日本国大使館からのお知らせです。

フィリピン入国管理局によれば,このたび,

到着・出発カードの様式を変更し,

2014年3月1日から,

フィリピンの全ての空港・港において,

変更した様式を使用する予定です(NAIA空港ターミナル3では,

すでに2月21日から使用を開始しているようです。)。

この新しいカード様式の使用開始に伴い,

移行期間として,旧様式は3月31日まで使用できますが,

4月1日から使えなくなりますので,ご注意ください。

到着カードは,【すべての外国旅券所持者】及び

【海外へ移住・移民しているフィリピン旅券所持者】が提出する必要があり,

出発カードは,【すべてのフィリピン旅券所持者】が提出する必要があるとしています。

なお,新しいカードの様式見本は,以下のとおりです。


http://www.ph.emb-japan.go.jp/pressandspeech/osirase/2014/022414.html

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします

関連記事
≪PREVNEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。