スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


多発するバイク犯罪に市長が驚きの対応、批判殺到


現地からの報道によると、

このほどマニラ市長が、

多発するバイク犯罪に対し、

ある対応を考えていることが分かり、

ライダーから批判が上がっているそうです。

マニラ市内ではバイクを使った引ったくりや、

強盗事件などが多発しており、

治安上の大きな懸念となっています。

多くの事件で犯人がバイクに二人乗りして逃走するため、

「ライディング・イン・タンデム」強盗と呼ばれるほど、

バイクを使った犯罪は一般化する結果となっています。

このような犯罪が増えたのは、

バイクが爆発的に普及しているのに加え、

万年渋滞のマニラ首都圏において、

犯罪者が逃走するには最適の乗り物だからです。

さらにヘルメットで堂々と顔を隠せるというのも、

犯罪者には好都合となっています。

多発するライディング・イン・タンデム犯罪に、

業を煮やしたマニラ市のエストラダ市長は、

なんと市内でのバイクの2人乗りを禁止する計画を明らかにしました。

これに対しバイク愛好家団体などからは、

ライダーの権利を侵害するものだ、

などと強い批判が巻き起こっており、

反対運動を開始する方針を示しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
反対集会を呼びかけるライダー団体

他にもバイク犯罪の抑止をめぐっては、

プレートナンバーが記入されたベストの着用や、

二人乗り用のヘルメットの導入など、

経済的な負担が大きくなる規則の導入が検討されており、

ライダーの不満は高まるばかりです。

ただマニラ副市長によると、

2人乗り禁止に関してはまだ議論をしている最中で、

導入が決定したわけではない、とのことだそうです。

もし二人乗りが禁止されれば、

職場や学校への送迎などにバイクが使用できなくなりますから、

市民への影響は計り知れないものとなりそうです。

ライダー団体からは、

2人乗りを禁止する前に、

警官によるパトロールや検問を増やすべきだと提案しており、

「我々を犯罪者扱いするな」と訴えています。

確かにバイクは貧しい庶民の乗り物ですから、

負担が増えるのは本末転倒です。

根本的に治安を向上させないと、

バイク犯罪を減らすことも難しいでしょうね。

例え2人乗りを禁止しても、

そもそも強盗が交通規則を守るとも思えないですし、

強盗事件が減るとは思えないのですが…。

つい最近もマニラ市内の歓楽街で、

ライディング・イン・タンデムによる強盗事件があったばかりです。

カフェ・デ・マラテのオーナーが強盗被害、白昼堂々

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
逃走するライディング・イン・タンデム強盗

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。