スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界最大のアリーナ建設現場で韓国人が転落死


フィリピンでこんな巨大建築物が建設されているとは知りませんでした。

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏近郊のアリーナ建設現場で、

韓国人など3人が死傷する事故があったそうです。

警察の調べによると、

事故があったのはブラカン州ボカウエにある、

「フィリピン・アリーナ」の建設現場で、

建設会社スーパーバイザーの韓国人男性(45)が、

乗っていたクレーンバスケットから転落して死亡したそうです。

ほかにフィリピン人作業員の2人も負傷しましたが、

病院で受たあとすでに帰宅しました。

調査によるとクレーンバスケットのケーブルの一本が切れた際に、

安全ハーネスを着用していなかった韓国人男性が、

誤って転落してしまったようです。

この建設現場では5ヶ月前にも足場が落下し、

作業員2人が死亡していました。

建設中の「フィリピン・アリーナ」はドーム型では世界最大と言われ、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
アリーナの完成予想図

フィリピンで有数の宗教団体である、

イグレシア・ニ・クリストによって建設が進められています。

5万から5万5千人の座席数を誇り、

床面積は74000平方メートル、

屋根の面積は36000平方メートルという巨大さで、

ディスカバリー・チャンネルが番組で特集されるほどです。



建設は韓国企業が請け負っていますが、

設計などは英国に拠点を置く建築企業が手掛けているそうで、

建設は2011年から始まり2014年に完成の予定だそうです。

恐らく宗教活動の拠点となるんでしょうが、

コンサートなどでも使われるんでしょうか?

マニラ首都圏だとアラネタ・コロシアムが有名ですが、

このアリーナは首都圏の郊外にあるので、

行くのがちょっと面倒そうですね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
フィリピン・アリーナがあるブランカン州ボカウエ

関連記事
スポンサーサイト

巧妙な手口、マラテで外国人がタクシー強盗被害


また外国人が被害です。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市内で外国人が強盗被害に遭ったようです。

警察の調べによると、

被害に遭ったのは25歳のオーストラリア人男性で、

午前11時から11時半の間ごろに、

マカティ市のアヤラトライアングルにいたところ、

50代の男が「あなたの宿泊しているホテルで働いていた」などと言って、

接触してきたそうです。

そして男は安いアイテムを購入できる場所を知っていると話し、

オーストラリア人男性と一緒に行くことになりました。

2人はタクシーに乗って目的地に向かいましたが、

マラテに到達したところで男が運転手に停車するよう命じました。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

すると男の従兄弟を名乗る別の男が乗り込んできて、

オーストラリ人男性を挟むようなかたちで座ったそうです。

2人の男は車内でオーストラリア人男性を脅し、

所持していた8千ペソと携帯電話を奪うと、

再び運転手に停車を命じ車から降りて逃走したそうです。

被害者のオーストラリア人男性は、

宿泊していたマラテのマンダリンホテルに直行し、

セキュリティ担当者に事情を説明し警察に被害を届けました。

よくある手口ですが、

人との出会いも旅行の醍醐味ですから、

なかなか被害者は減らないようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったマニラ市マラテ地区

関連記事

出稼ぎ中に妻が女と浮気、帰国した夫が刺される


夫の心境が知りたいです。

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏でレズビアンの女が元恋人を人質にとって、

立て篭もる事件があったそうです。

警察の調べによると、

事件があったのは首都圏パテロスで、

30歳のレズビアンの女が、

元恋人の女性の夫を刃物で刺したうえ、

女性とその2人の子供を人質にとって、

家に立て篭もる事件があったそうです。

容疑者の女は人質となった女性と1年以上の関係がありましたが、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

サウジアラビアで働いていた女性の夫が帰国し、

嫉妬に狂ってトラブルになったようです。

家に押しかけ自分たちの関係を問いただす女と女性が口論となったため、

夫が仲裁に入ったところ、

女が刃物で夫の腹を刺したそうです。

その後、女は元恋人の女性と、

その3歳と2歳の子供を刃物で脅し家に立てこもりました。

しかし45分ほど警官が説得した結果、人質を解放し警察に投降したそうです。

刺された夫は病院運ばれ治療を受けました。

さすがトンボイとバクラの国だけに浮気のパターンも豊富ですね。

中東に出稼ぎ行っている間、

容疑者の女と被害者の女性は一緒に暮らしていたようです。

被害者の女性はすでに結婚して子供も2人いますから、

どっちもOKなんでしょうか?

旦那さんは知ってて結婚したのか、

それとも結婚後に女性もOKになったのか知りたいところです。

フィリピンならではの複雑な浮気ですね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったマニラ首都圏パテロス

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。