スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病院ではなく葬儀場に直行、交通事故の被害者


もし誰かが交通事故に遭ったときは、

まず病院に連れて行かれるの通常のはずですが…。

現地からの報道によると、

このほどマニラ首都圏のケソン市内で、

交通事故の犠牲者が、

病院に運ばれて死亡を確認される前に、

葬儀屋に運ばれるという珍事があったそうです。

犠牲者の男性はバイクのライダーで、

タクシーの轢き逃げに遭ったとみられています。

皮肉にも事故に遭った犠牲者の男性は、

反対車線で起きたタンクローリーがコンクリートバリアーに突っ込む事故を見るため、
http://overseas.blogmura.com/ranking_out.html

突然バイクを停車させ、

タクシーに接触されたとみられています。

事故現場には複数の目撃者がいましたが、

誰もタクシーのナンバープレートは覚えていなかたったそうです。

そして救急車やレスキューチームが到着する代わりに、

そのまま葬儀場に連れていかれたそうです。

警察は誰が葬儀屋を呼んだのかは分からないと説明しています。

よく分からない事件ですが、

それほど犠牲者の状態が手の施しようもないほど酷かったのでしょうか?

誰が葬儀屋を呼んだのか分からないというのが、

とても無責任でこの国らしいと思いました。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったマニラ首都圏ケソン市

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。