スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エルミタのポクポク、外国人の部屋から現金など持ち逃げ


朝まで一緒に過ごす方はご注意を…。

現地からの報道によると、

このほどマニラ市で外国人が、

フィリピン人女性に現金などを持ち逃げされる被害があったそうです。

警察の調べによると、

被害者は26歳のアラブ人男性で、

容疑者は彼が同市のエルミタ地区でピックアップした、

Maybeline Tamanoというパサイ市の女だということです。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_out.html

被害者の男性によると、

彼がパシフィック・プレイスに借りている部屋で、

容疑者の女と一緒に過ごしたそうですが、

朝9時ごろに目を覚ますと女の姿が消えていました。

そしてその女と一緒に、

部屋にあった現金425リヤル(約4800ペソ)と、

彼のiPhoneもなくなっていたそうです。

男性はマニラ地区警察に行き被害届を出しました。

まあ赤の他人を部屋に入れるわけですから、

当然、危険はつきものですよね。

常連で顔見知りならある程度は信用できるのかもしれませんが…。

エルミタとのことですからマニラベイカフェでしょうか?

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったマニラ市のエルミタ地区

関連記事
スポンサーサイト

父親のセ〇クス奴隷と化していた18歳少女を救出


現地からの報道によると、

このほどセブ島で違法薬物の摘発が行われた際に、

偶然、監禁され虐待を受けていた少女が救助されたそうです。

警察の調べによると、

違法薬物の販売を行っているとの情報を得て、

捜査員がある民家を捜索したところ、

銃撃戦となり1人の男を逮捕。

そして18歳の少女を救出しました。

少女は違法薬物の販売に関与していた父親に、

16歳のころから監禁されて性的虐待を受けており、

父親の子供とみられる1歳の息子がいたそうです。

摘発の際に父親は銃撃戦の隙を突いて逃走しました。

逮捕された父親の仲間の男によると、

一年以上に渡って薬物を販売していたそうです。

摘発が行われた民家からは、

薬物やそれに関する道具、そして拳銃が押収されました。

捜査員は少女が外に出ることを許されず家に閉じ込めらており、

セ〇クス・スレイブにされていたとの見方を示しています。
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

救出された少女によると、

彼女が16歳になったとき、

父親に自分と一緒に暮らせば大学に通わせられると言われ、

ボホールから父親の元に来ましたしたが、

そのときから虐待が始まったそうです。

少女とその息子は社会福祉開発省に引き取られ保護されています。

警察は逃走した父親の行方を追っています。

フィリピンでは実の娘をレ〇プというケースをけっこう聞きますが、

おそらく事件として表面化するのはほんの一部でしょうね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
現地ニュースの映像から。逃走中の父親

関連記事

高給に魅了されダンサーになった27歳のシングルマザー


リカはクラブ・テンプテーションでウェイトレスとして働くため求人に応募した。

しかしママさんは彼女にダンサーとして働くよう求めた。

「私はそれに合意しました。高給だったからです」

27歳のシングルマザーは供述のなかでそう説明した。

彼女は娘を出産したあと、

日給375ペソのショッピングモールで働いていたが、

毎日に必要な400ペソの生活費に足りないため、

ここ辞めてほかの仕事を探していた。

そんなとき職場の同僚が、

セブ市内にあるクラブ・テンプテーションのことを教えてくれた。

彼女の基本給は250ペソだが、

顧客が100ペソか80ペソの飲み物、

もしくは300ペソ相当のお酒を注文することで、

40ペソのコミッションを受け取った。

そして彼女によると、

顧客が彼女たちを「kairo」することで、

1000ペソから2000ペソを得ることができたという。

「kairo」とは顧客がダンサーをセ〇クスのために外に連れ出すことで、
http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

この言葉は日本語からきていると彼女は説明した。

リカは先日クラブ・テンプテーションで行われた摘発で、

人身売買の被害者として救出された19人の女性のひとりだった。

同じくGen. Maxilom通りにあるプッシーキャット・バーも摘発された。

この摘発では6人のママさんと5人のオーナーが、

人身売買防止法に対する違反容疑などで起訴された。


現地の新聞が報じた先日のバーの摘発に関する記事ですが、

不思議な日本語が出てきました。

「kairo」って何のことでしょうかね?

「帰る」か「帰ろう」といったところでしょうか。

日系のKTVでもないのに、

こういう隠語が浸透しているのが不思議ですね。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
摘発があったテンプテーション

関連記事
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。