スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今度は米国人が射殺される、経営するカフェで


また外国人が射殺されました。

現地からの報道によると、

マニラ首都圏パラニャーケ市で火曜日、

米国人男性が頭を撃たれて死亡したそうです。

射殺されたのは同市内に住む62歳の米国人男性で、

ベターリビング・サブディビジョン内にある自らが経営するコーヒーショップで、

朝8時ごろにヘルパーの女性と一緒に開店準備をしていたところ、

拳銃を持った男が店内に入ってきて、

米国人男性の頭に向けていきなり2回発砲。

仲間が運転するバイクに乗って逃走したそうです。

米国人男性は病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

射殺された米国人男性にはフィリピン人妻と2人の子供がいるそうです。

警察によると店内や米国人男性からは何も盗られていないそうなので、

強盗ではなく何か恨みによる暗殺が目的ではないでしょうか。

警察は米国人男性が所持していた携帯電話と、

店内の防犯カメラの映像を分析して犯人特定につなげる方針だそうです。

ついこの前もオロンガポ市で、

リゾート施設を経営するオーストラリア人男性が射殺されたばかりですが、

犯行の手口もそっくりです。

これも誰かが雇った殺し屋による犯行かも…。

外国人がフィリピンで商売をするのは想像以上に危険を招くのかもしれません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったパラニャーケ市とサブディビジョン内にあるコヒーショップの位置

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。