スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


麻薬所持の濡れ衣で市民を恐喝した警官を逮捕


マニラはこんな事件ばかりですね。

このほど市民を恐喝して現金を奪おうとした警官たちが逮捕されたそうです。

現地からの報道を要約すると、

6人の警官がモンテンルパ市の民家に押し入り、

家にいた女性とハウスボーイに麻薬所持の濡れ衣を着せて警察署に連行しました。

12時間も監禁して解放と引き換えに4万ペソを要求しますが、

交渉の末1万2千ペソまで値段が下がり、

女性の親戚がパラニャーケ市内の飲食店で現金を渡すことになりました。

この時点で親戚がすでに警察に通報しており、

それを知らずにノコノコとやって来た警官2人が逮捕されました。

http://overseas.blogmura.com/philippine/ranking_random.html

警察の調べによると、

恐喝された女性のすでに亡くなっている父親が、

かつて麻薬の密売で有罪判決を受けていますが、

被害者の女性に関してはそのような違法活動は確認されなかったそうです。

ちなみに警官たちは、

女性を逮捕する際に正式な令状を持っておらず、

麻薬密売に関する具体的な証拠も無かったそうです。

正式な手続きは何一つ踏んでおらず完全な言いがかりということですね。

被害者の女性によると、

警官による恐喝は今回が初めてではなく、

2月にも2万5千ペソを要求されていたとのこと。

お金困るたびに定期的に集っていたようです。

逮捕されなかった残りの4人の警官は、無断欠勤し姿をくらましています。

それにしても6人で1万2千ペソですから、

山分けしたらひとり2千ペソにしかなりません。

こんなはした金のためにわざわざ仕事を棒に振ってしまうほど、

警官という職業はどうでもいいものなんでしょうか。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
事件があったパラニャーケ市

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。