スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セクシーモデルたちが孤独な像を救うため一肌脱ぐ


動物愛護団体のPETAがマニラ動物園の像が虐待的されているとして抗議活動を活発化させています。

そしてこのほどこの活動に賛同するセクシーモデルたちがまさに一肌脱いで、

抗議活動の一環として写真撮影を行ったそうです。

同団体は38歳のメスの像が足の病気を患っており、

何十年もほかの像と接することができず孤独の中で生きているとして、

タイへの移送を求め署名活動などを行っています。

しかしマニラ動物園側はすでに像が高齢で長旅に耐えられない可能性があると指摘しています。

PETAの言うことも一理ありますが、

貧困で人間ですらまともな生活を送れていないフィリピンで、

万全の飼育を期待するのは無理というものでしょうね。

この像はすでに35年もマニラ動物園で飼育されているそうで、

タイに移送しても野生に帰すのは難しいとの見方も出ています。

このPETAという団体はやたらと女性がヌードになったり過激な抗議活動で知られ、

なおかつポケモンを動物虐待と非難したり、ちょっと変わったところがあります。

でもマニラ動物園から像がいなくなったら、

ますます過疎化が進んで見るべき動物がほとんどいなくなってしまいますね。

確か像のほかに大型の動物はいなかったはず…。

余ってる檻に汚職警官でもぶち込んでおいたら一石二鳥では?

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。