スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラ市でテレビ局クルーが少年に襲撃され負傷


やっぱりマニラ市はちょっと物騒ですね。

このほどマニラ市のサンタメサで国営テレビ局のクルーが少年グループに襲撃されて負傷したそうです。

報道によると午前1時半ごろ、

レポーターとカメラマンを乗せた車がValenzuelaストリートとV. Mapaストリートの角で停車してたところ、

その前を横切った5人ほどの少年グループが車のボンネットを叩いたそうです。

損害を確認するためにカメラマンの男性が車外に出たところ、

少年たちがいきなり襲い掛かり殴られました。

これを止めようとしたレポーターの男性もさらに殴られ、

2人は車内に逃げ込みドアをロックして逃げましたが、この際に車の後部ガラスを割られたそうです。

襲った動機がさっぱり分かりませんが、かなり凶暴なグループのようですね。

おそらく薬物でもやっていたのではないでしょうか。

殴られた2人は腕や頭部を負傷して病院で治療を受けたそうです。

こ事件を受けマニラ市長が指示を出し警察が市内のパトロールを強化するとともに、

襲撃した少年グループの行方を追っているそうです。

マニラ市長は元警察畑でダーティーハリーなんてかっこいいニックネームで呼ばれてますが、

そのわりにさっぱりマニラ市の治安は良くなりませんね。

歓楽街の浄化もいいですが犯罪者の浄化にももっと力を入れてほしいところです。

そしてなにより不祥事だらけのマニラ警察の浄化も…。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
スポンサーサイト

リサールで原因不明の虐殺事件、7人死亡


マニラ首都圏に近いリサール州で物騒な虐殺事件です。

月曜の夜中に正体不明の武装集団がロドリゲスにある家を襲撃し7人が死亡したそうです。

死亡したのは家の持ち主の夫婦と、その家を訪れていた5人。

武装集団はいきなり家に押し入り銃を乱射したようです。

現場からは40口径と45口径の薬莢が回収されています。

夫婦の10歳と13歳の子供は運よく生き残り警察に保護されています。

子供たちによると犯人は青い帽子とジャケットを見につけていたようですが、

彼らが誰であるかは分からないと証言しているそうです。

殺害された7人はすべて頭部を撃たれていて、

近所の住人の証言によると襲撃のあいだ犯人たちの笑い声が聞こえたそうです。

殺害された男性のひとりは過去に薬物に関する事件で刑務所に入っており警察は事件との関連を調べています。

それにしても笑いながら殺害するなんて猟奇的な事件ですね。

銃が氾濫しているフィリピンではちょっとしたトラブルが大量殺人につながることも多いようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。