スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニラ空港の周辺で暮らす困窮外国人


イギリス人の元スタントマンの老人がニノイアキノ国際空港の敷地で2ヶ月以上も暮らしている。

トムハンクスが主演した映画「ターミナル」を彷彿とさせるが、彼の生活は映画からは程遠い。

74歳の彼は空港の周辺の路上で暮らしているのだ。

彼はかつてホテルで暮らしていたが、ある日タクシーを待っているときに強盗に遭った。

そして支払いができなくなりホテルを追い出され、ダンボールを集めて空港周辺の路上で生活するようになった。

さらに路上でパスポートなどが入ったカバンをストリートチルドレンに盗まれ彼の暮らしは悪化した。

彼はこの2カ月間、服もお金もなく空港の周辺で物乞いをして暮らしている。

英国大使館と米国大使館に助けを求めたが無視されたという。

彼はかつて米国でアーノルド・シュワルツネッガーのスタントを担当したこともあり、

英国と米国から年金を受け取っていて銀行口座には数百万の預金があると主張している。

彼は宣教師として1986 年にフィリピンを初めて訪れその文化に惚れ込んだ。

最初の妻と子供は、彼がほかの2人の女性と関係を持っていることが原因で去っていった。

彼の長男はハリウッドでスタントマンをしているという。

彼は家族から犬のように扱われたため、年配者を尊重する文化があるフィリピンに住むことを決断した。

ソース

http://www.abs-cbnnews.com/nation/metro-manila/07/24/12/ex-hollywood-stuntman-stranded-naia-complex

一言

どこまで本当の話なのか分からないですが、
女を作って家族に捨てられたというとこだけは説得力がありますね。
フィリピンにはまだまだいろんな困窮外国人がいそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします

関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。