スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フェイスブックのトラブルで暴行、13歳の少年が死亡


フィリピン人はアジア有数のフェイスブック好きで有名ですが、

これに関連したトラブルも多いようです。

ミンダナオ島の東ミサミス州で13歳の少年が、

フェイスブックをめぐるトラブルが原因で死亡する事件がありました。

トラブルの原因はフェイスブックにアップした一枚の写真。

死亡した13歳の少年がある少女と一緒に写った写真をアップしたところ、

少女のボーイフレンドの友人を名乗る18歳の少年から、

脅迫めいたコメントが続いたそうです。

その後13歳の少年が帰宅途中に18歳の少年に襲撃されます。

13歳の少年は負傷して病院で治療を受け鎮痛剤などを処方されましたが、

その2週間後に頭痛や嘔吐を訴え、こん睡状態に陥り死亡しました。

脳内の血栓が死亡の原因とみられています。

被害者少年の家族は18歳の少年による暴行が、

死亡の原因とみて訴訟の準備をしているそうです。

フィリピンでは小学生でもフェイスブックのアカウントを持つのが当たり前のようになってます。

以前にも女学生がフェイスブックにリゾートで撮ったビキニの写真をアップして校則違反に問われ、

卒業式への参加を禁止された事件があったように思います。

見栄っ張りのフィリピン人にとって、

フェイスブックは欠かせないコミュニケーションツールなのかもしれませんが、

私生活を赤裸々に晒してトラブルを招く人も多いようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサーサイト
NEXT≫
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログ内検索
最近の投稿
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
フィリピン ブログ 人気ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。